松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する児童体験教室(米づくりなど)への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催しています。いずれもネット・会報で募集・紹介してます。
(1)学習部会に入会して楽しく学びましょう(古文書部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3~4回・徒歩4~5回、会員優先)に参加して、市内外の史跡、遺跡を訪ねます。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)が主催、共催する講演会に参加して、知識を広めましょう。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・8~12ページ)が届きます。会員は学習成果の発表やこだわり趣味を披露することができます。
(5)児童の年間の米づくりや、昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加して、子供たちと楽しく遊び、楽しく学びます。
◎年会費  29年度4月から、一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円です。
◎会員数(1/1現在) 252名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内)
       椎野・岡田
       〒270-2252 松戸市千駄堀671 
      TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2017年02月16日

友の会会員募集と継続受付中です:満15周年を迎えます

  松戸市立博物館友の会は、博物館がスタートした10年後に発足し、ことし、15周年を迎えます
5/18(木曜)午後に総会と記念講演会を開き、新たなバス見学会も企画し、秋には会報も100号
になります。この機会に、幅広く生涯学習の仲間として加入され、文化伝統への支援者の一員として
ご協力ください。
●最近号の会報から:1月号・95号―➀「六義園・須藤公園への見学会告。会員・佐藤友安」~
{団子坂から須藤公園に向かう道を『頭取通り』と言われたという。山の手の高級住宅地で広い敷地
から、戦災による爆撃でも直撃弾の被害のみで、類焼はなく『お屋敷』が残っていたのでそう呼ばれ
ていた…}。➁「半井桃水(なからい・とうすい)を慕う樋口一葉。会員・増田寛一」~{(一葉は)明治
25年2月4日雪の降りしきる中、俥を拾って平河町の桃水宅を訪れる。生憎留守のようだった。玄関
の控えの間で帰りを待っていると、、奥からかすかな寝息が聞こえる…}。③「下野の遺跡を訪ねる、
バス見学会報告。会員・江藤政継」~{下野の遺跡を見学出来て非常に良った。下野の位置づけが、
蝦夷に対する最北の拠点という雰囲気を感じることができた。古墳時代から平安時代にかけての、一
大都市であったことも想像できる。}―その他、A4・12ページ・隔月発行・全会員へ郵送。
●新年度への会員継続の手続きを開始し会員の半数がすでに済まされました。3 /3 
「奥の細道ー草加宿歴史探訪」には50人(定員40人)の 申込みがありました。新年度の総
会は5/18(木曜)の午後に開催することですすめています。15周年記念事業として、「さき
たま古墳群のバス見学会や講演会」の計画もあります。
  この機会に友の会への加入をご 検討されてください。 継続きのまだの方は、お
いします。新しい会員証は3月中旬には、送付する予定です。 次回の会報は3月14日発行
の予定です。*写真:最新の会報・市立病院の建設状況・21世紀公園風景からです