松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する児童体験教室(米づくりなど)への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催しています。いずれもネット・会報で募集・紹介してます。
(1)学習部会に入会して楽しく学びましょう(古文書部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3~4回・徒歩4~5回、会員優先)に参加して、市内外の史跡、遺跡を訪ねます。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)が主催、共催する講演会に参加して、知識を広めましょう。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・8~12ページ)が届きます。会員は学習成果の発表やこだわり趣味を披露することができます。
(5)児童の年間の米づくりや、昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加して、子供たちと楽しく遊び、楽しく学びます。
◎年会費  29年度4月から、一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円です。
◎会員数(1/1現在) 252名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内)
       椎野・岡田
       〒270-2252 松戸市千駄堀671 
      TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2017年08月16日

古文書部会:地方文書『御用留』の解読すすんでます

 当会の発足と同時に古文書部会(こもんじょ・ぶかい)は、毎月第2水曜日に、
松戸市北部の大谷口村(おおやぐちむら:小金城址、本土寺500m)名主・大熊伊兵衛氏が
書き留めた『御用留』(ごようどめ)の解読をすすめています。江戸時代末期の
地方文書(じかたもんじょ)です。部会員30名の人気が続いてます。解読後、
まとめた文を清書して、市立博物館の専門の学芸員の方に、改めて精読して
いただいてます。もともと、教材が博物館からの提供の資料なので、すぐには、
公表はできないことです。
 大谷口村の『御用留』(村への廻状等の書留帳)によれば、江戸幕末の嘉永・
安政期には、毎年のように小金宿へ囚人が預けられ、番人足が要請され、賃金
は村々が負担していたことが記録されています。これは、文化2年(1805年)、
幕府が関東取締出役を新設したものの、取り締りに限界がありました。文政10年
(1822年)、村々に大小組合からなる改革組合村(寄場〈よせば〉組合が結成され
ました。大組合の中心的な宿や村を寄場とし、運営は大惣代や寄場役人があた
りました。写真1は「下総道中細見記」・2は関さんの森(新松戸駅500m)・3は『月刊新松戸』です。
 この大・小組合の地域的な枠組みは、明治初期の地方制度の大区・小区制に継
承されたそうです。なお、JR新松戸駅からほど近い高台に{関さんの森}があります。
ここの蔵に保存されていた古文書の目録化作業を進めている。「関さんの森・古文書
の会」の解読内容は、タウン誌『月刊新松戸』ー関さんの蔵通信―として60回以上、
輪番で連載中です。紹介いたします。
  友の会古文書部会:金井勝忠さんから