松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する児童体験教室(米づくりなど)への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催しています。いずれもネット・会報で募集・紹介してます。
(1)学習部会に入会して楽しく学びましょう(古文書部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3~4回・徒歩4~5回、会員優先)に参加して、市内外の史跡、遺跡を訪ねます。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)が主催、共催する講演会に参加して、知識を広めましょう。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・8~12ページ)が届きます。会員は学習成果の発表やこだわり趣味を披露することができます。
(5)児童の年間の米づくりや、昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加して、子供たちと楽しく遊び、楽しく学びます。
◎年会費  29年度4月から、一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円です。
◎会員数(1/1現在) 252名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内)
       椎野・岡田
       〒270-2252 松戸市千駄堀671 
      TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2017年10月11日

近隣情報:『松戸市石造物遺産ーふるさと史跡を探訪』2040基全調査書刊行  №230.

 このほど「松戸史跡マップ研究会」から、松戸市内の寺社・路傍にある
石造物をすべてまとめた『松戸市石造物遺産』が刊行されました。当会の
メンバーでもある溝渕碩治さん・市野渡眞さんら、十数人のメンバーが、
平成24年4月から28年2月までの4年間、市内61地域を月2回のペースで、
調査して回ったそうです。
 2040基の所在地、種類、像容、形状、寸法、造立年月日、写真が、1ぺ
ージに4基づつ、約650ページ分に紹介されています。溝渕さんは、{今回
の調査はすべて写真に撮って記録した。将来、石造物を研究する人にとっ
ては、大変貴重な資料になるものと確信している}{松戸市に小さいながらも
私たちの足跡が残せたという喜び}{手弁当で調査に参加され、夏の暑さに
も負けず、指先がかじかんで難儀をしながら、寒さに耐えて、調査カードを作
り続けてきた会員に、心より感謝を申し上げる}の言葉を、〈はじめに〉表され
てます。
 10月例会の松史会では、市野渡さんが、友の会に寄贈されたこの真新しい
本を手に、内容や特色を紹介しました。『松戸よみうり』(9/24 付)にも、詳
細な紹介記事がありました。当会では貸し出しも、博物館でも閲覧ができます。
市内の書店では取次をしています。3,500円(税含み),A4・688頁、万葉舎。