松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する児童体験教室(米づくりなど)への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催しています。いずれもネット・会報で募集・紹介してます。
(1)学習部会に入会して楽しく学びましょう(古文書2部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3~4回・徒歩4~5回、会員優先)に参加して、市内外の史跡、遺跡を訪ねます。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)が主催、共催する講演会に参加して、知識を広めましょう。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・8~12ページ)が届きます。会員は学習成果の発表やこだわり趣味を披露することができます。
(5)児童の年間の米づくりや、昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加して、子供たちと楽しく遊び、楽しく学びます。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 232名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野・綿引
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2018年07月10日

最新の会報7月号;定例総会、下総国分寺徒歩・椿山荘徒歩・信州バス見学会など

 『友の会の会報』7月号を、7/10(火)の月例の運営委員会のあと、発送しました。午前中、15人の運営委員により、新年度会員の加入状況や入会後の会員フォローの手だてや夏休みにおける{はたくさの会}の糸と織りの活動、ボランティア活動などの準備が話し合われました。午後から、会報7月号(A4/16ページ・104号)の発送を応援会員も加わり、約300部を仕分けしました。「松戸ゆかりの美術展」の招待券、『近隣博物館情報』も同封してあります。
 7月号の主な内容です
●平成30年度定例総会・記念講演会を開催しました(5/25,岡田啓峙会長)/「下総国分寺・国分尼寺を訪ねる」(4/20,56名、余語豊会員)/「椿山荘・細川庭園・甘泉園を巡る」に参加して(5/18,29名、平田友良会員)/「信州・北国街道の歴史風景を訪ねる」に参加して(6/5,52名、バス見学、木内克佳会員)/アンケートから見る"2017年度見学会"(蒲生誠一郎会員)/ひとことエッセイ:館蔵資料展を終えて(富澤達三学芸員)/友の会の顔と健康状態をチェックー友の会会員属性とアンケート集計から(事務局)/バス見学会予告=『必見!東日本随一の彩色壁画 虎塚古墳』(11/1,増田寛市会員)。
その他
●松戸の国指定重要文化財「幸田貝塚出土縄文土器12点」一挙公開!東京国立博物館特別展『縄文ー1万年の美の鼓動ー』(7/3~9/2開催中・有料)
 写真③はチラシから、●「松戸ゆかりの美術展ーその潜在力・市制施行75周年記念」(当博物館展示室、8/4~9/2,一般・300円)、他。