松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する児童体験教室(米づくりなど)への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催しています。いずれもネット・会報で募集・紹介してます。
(1)学習部会に入会して楽しく学びましょう(古文書2部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3~4回・徒歩4~5回、会員優先)に参加して、市内外の史跡、遺跡を訪ねます。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)が主催、共催する講演会に参加して、知識を広めましょう。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・8~12ページ)が届きます。会員は学習成果の発表やこだわり趣味を披露することができます。
(5)児童の年間の米づくりや、昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加して、子供たちと楽しく遊び、楽しく学びます。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 232名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野・綿引
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2018年11月07日

徒歩見学会:坂川放水路と松戸排水機場を歩く 11/7 終了

 {友の会の学習部会}の松史会では、『松戸の治水の歴史を探る』というテーマで、坂川・新坂川・坂川放水路への徒歩見学会を行いました。11/7(水)午前中、約30人の会員が流山線「小金城址駅」に集まりました。1916年(大正5)に流山軽便鉄道が"町民(流山)鉄道"として開通したそうです。流山の醤油・みりんの醸造業が盛んだった。"今日、初めて、乗ったという"手が2割いました(周辺写真1)。歩いて5,6分、「女躰神社(にょたいじんじゃ)」へ。"江戸時代、40を超す、武蔵国の利根川水系に多く見られる神社だ"とのこと。坂川放水路への新坂川や坂川の合流場所を見たりや横須賀小学校まえのトンネルを抜けたりして、旭町の稲荷神社まで30分(周辺風景・写真2)。10時には水屋の残る旧家・横山氏宅へ。{戦国時代からの高城氏の歴史から江戸時代の新田開発の苦難}のお話しまで懇切に説明をしていただく。阿夫利大山講の記念碑も祀られていました。再び、放水路までもどり、神明堀りから、流山街道を越えて、「主水稲荷神社」の六和電灯施設記念碑も見る。11時に「松戸排水機場」へ到着。ただしくは国土交通省関東整備局江戸川河川事務所松戸出張所。監視操作室や3台の並ぶエンジン室を案内していただく(写真3)。「古ヶ崎排水機場」も管理しており、"10月初旬の二つの台風では、河川敷のサッカー場辺りは水没したが、住宅側は万全だった!"との回答でした。12時には、見学会は終了し、解散へ。多くは、バスで松戸駅まで向かいました。有志は午後からの、市民劇場での「創年市民大学東日本大会ーまつど生涯学習フォーラム」へ参加。福留勉・聖徳大学名誉教授の{人生100年時代の地域ー市民大学が地域を創る}の講演、「幕末庶民の学舎から、明治維新を考える」と題し、俳優・山本学さんらによるシンポジウムが開かれた。