松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する児童体験教室(米づくりなど)への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催しています。いずれもネット・会報で募集・紹介してます。
(1)学習部会に入会して楽しく学びましょう(古文書2部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3~4回・徒歩4~5回、会員優先)に参加して、市内外の史跡、遺跡を訪ねます。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)が主催、共催する講演会に参加して、知識を広めましょう。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・8~12ページ)が届きます。会員は学習成果の発表やこだわり趣味を披露することができます。
(5)児童の年間の米づくりや、昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加して、子供たちと楽しく遊び、楽しく学びます。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 240名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野・綿引
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2019年01月06日

新春初詣:浅草名所(などころ)七福神へ 1/6 報告

 毎年の「友の会」の七福神初詣は、ことしは浅草を巡りました。申込みは50人ほどありましたが、正月の食べ過ぎ・飲み過ぎか?5人は現れることあたわずの予想範囲?。約1万3000歩、2時間半の長い距離でしたが、全員、完歩!。健脚レベルで、三班に分け、遅い順に先行させたのが良かったようです。過去八回、下町、目黒、北千住の短い距離とはちがい、長い距離で混雑が予想より少なかったようです。今戸神社~橋場不動尊、石浜神社~吉原神社、鷲神社~矢先稲荷神社の3か所は、20分から30分の長い距離。"みんなとしゃべっていて、苦にならなくすぎちゃった!"ということでした。班のなかには、"地元の生まれヨ!"だという説明応援者も現れて、"浅草周辺は井戸が多いのは、かつては沼地だった"、とか、"浅草が繁盛したのは、吉原遊郭のおかげ!"、と地勢学・民俗学的?な盛り上がり、となりました。1時過ぎには、浅草神社の前で解散。お腹の空いた女性陣は、地元生まれの御仁に、"お食事処"にも引き連れられて、番外のお正月初詣とよろこばれました。(吉・蒲・金)