松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する児童体験教室(米づくりなど)への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催しています。いずれもネット・会報で募集・紹介してます。
(1)学習部会に入会して楽しく学びましょう(古文書部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3~4回・徒歩4~5回、会員優先)に参加して、市内外の史跡、遺跡を訪ねます。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)が主催、共催する講演会に参加して、知識を広めましょう。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・8~12ページ)が届きます。会員は学習成果の発表やこだわり趣味を披露することができます。
(5)児童の年間の米づくりや、昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加して、子供たちと楽しく遊び、楽しく学びます。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 232名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野・綿引
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2018年04月11日

会員からのミニ旅行報告:西伊豆・韮山反射炉です

 最近、西伊豆へ旅行してきました。品川から三島まで東海道新幹線を利用し、三島駅で
伊豆箱根鉄道駿豆線に乗り換え、韮山駅で下車しました。駅前に伊豆の國市観光協会で
運営しているレンタルサイクルがあり、市内の観光スポットを巡りました。レンタサイクルは
電動自転車で500円/日でした。
▶最初に訪れたのは『韮山反射炉』です。嘉永6年(1853年)、ペリー艦隊の来航を受け、幕
府もついに海防体制の抜本的な強化に乗り出さざるを得なくなった。そこで、以前から反射
炉の研究をしてきた韮山代官・江川太郎左衛門英龍(沢庵‐たくあん)を責任者として、韮山
に反射炉の築造がただちにすすめることができた。
▶反射炉は、当初、伊豆下田港に近い賀茂郡本郷村(現・下田市)で着工した。しかし、、安
政元年(1854)3月、下田に入港したペリー艦隊の水兵が敷地内に侵入する事件が起きた
ため、急きょ、韮山に変更することになった。彼自身は完成を見ることなく世を去っている。
▶反射炉は、金属などを溶かしして大砲などを鋳造するための溶解炉で、石炭などを燃料と
して発生させた熱や炎を炉内の天井で反射し、一点に集中させることにより、銑鉄を溶かす
ことが可能な千数百度の高温を実現するものである。原材料の銑鉄は岩見、南部産、燃料
の石炭は築後、常磐産を、また、天然産の木炭が使用された。
               ∇              ∇
▶次に廻ったのは、江川邸(史跡・韮山役所跡)です。江川太郎左衛門英龍(坦庵)は、代官
として民政に心を配り、支配地域は伊豆、駿河、甲斐、武蔵、相模、伊豆諸島に及び、、領
民から「世直し江川大明神」と敬われていた。その住宅は桁行13間(約24m)・梁間10間
(約18m)・棟高約12mの母屋を中心に、附属の書院・仏間・門・蔵・鎮守社および境内地
が国の重要文化財に指定されている。また、重要文化財を含む江川邸一帯は、韮山役所
跡として国の史跡に指定されている。土間も広く7間(約13m)四方で竈(かま)があった。
台所として使われていたのか、屋根は茅葺きであったが、現在は銅板葺きとなっている。
▶英龍(1801~1855)が36代当主・代官として活躍した幕末の時代は、欧米列強がアジ
ア各地を次々と植民地化した時代であった。日本の置かれた立場を深く憂慮し、幕府に対
する沿岸防備の建議、農兵制度(近代的な兵制)や海軍創設の建議、西洋砲術の研究と
訓練、測量技術の研究と実施、東京湾のお台場や韮山の反射炉築造、パン(兵糧として)の
最初の製造、戸田村での最初の西洋式造船の監督、そして、江川塾における教育など、極
めて多くのことを行っている。
▶二か所の見学を終えて、伊豆長岡駅から徒歩15分ほどで行かれる「願成就院の運慶諸
仏」を伊豆長岡駅から、駿豆線の終点、修善寺駅まで乗車しました。そこから、路線バス(
東海バス)で伊豆急行線の河津駅まで約一時間半、バスに揺られ、窓外の景色を眺めて
いました。できれば、途中下車して、「浄蓮の瀧」を見物し、更に、途中下車して「伊豆の踊り
子文学碑」周辺の道を散策したかったしたかったのですが、これも叶いませんでした。終点
の河津は川沿いの桜並木の河津桜が満開で、駅周辺も観光客でたいへん混雑していました。
  (文・写真とも、会員・平野正敏)
写真➀韮山反射炉、➁江川邸表門、③鉄製24ポンドカノン砲。