松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する児童体験教室(米づくりなど)への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催しています。いずれもネット・会報で募集・紹介してます。
(1)学習部会に入会して楽しく学びましょう(古文書部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3~4回・徒歩4~5回、会員優先)に参加して、市内外の史跡、遺跡を訪ねます。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)が主催、共催する講演会に参加して、知識を広めましょう。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・8~12ページ)が届きます。会員は学習成果の発表やこだわり趣味を披露することができます。
(5)児童の年間の米づくりや、昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加して、子供たちと楽しく遊び、楽しく学びます。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 232名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野・綿引
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2018年02月17日

南房総へフリー乗車券、館山の春へ:会員から報告

  一泊で南房総へ行ってきました。利用した交通機関は電車とバスです。
『南房総フリー乗車券』(船橋~3,100円)を事前に購入しました。電車、
路線バスは千葉駅以南、乗り降り自由です。
 ◐館山駅で路線バス(館山日東バス)に乗り換え、館山城麓の城山公園で
下車。徒歩で山頂の館山城へ向かいました。麓から館山城前までは、無料
で乗れる自動車(軽自動車)が運行されています。
 ◐山頂には八犬伝博物館(館山城)写真➀があり、麓には、館山市立博物
館本館がありました。館山城は、戦国時代の武将である房総 里見氏の九
代義康・十代忠義の居城です。この城は、慶長19年(1614年)、十代忠義
が倉吉(鳥取県)へ移封となった際に破却となりました。現在の城は、城郭研
究の権威 藤岡通夫工学博士(故人)の考証に基づき、二重櫓に入母屋の
大屋根をかけ、その上に小望楼をのせた天正年間の天守の姿にしてあると
のことです。昭和57年(1982年)の竣工です。ー案内板より
◐望楼からは館山湾(鏡ケ浦)と市街地が一望できます。写真➁.
 前方に海上自衛隊館山基地、その先に沖ノ島があり、城を降りて沖ノ島まで
徒歩で行こうと思いましたが、途中、工事中のため立ち入りができませんでした。
東京湾の先には三浦半島、富士山を見ることができるのですが、あいにく曇って
いたため富士山はみえませんでした。東京湾には大きな貨物船やタンカー等が
往来していました。
 ◐城のすぐ近くには梅園があり、紅梅・白梅が真っ盛りに咲いていました。
 麓の博物館には『合口壺棺(あわせぐち・つぼかん)』という珍しいものが展示し
てありました。写真③-{棺として使われた弥生土器}-本来は貯蔵用に使われ
た弥生時代後期の土器を、二つ合わせて棺にしたものです。この大きさでは、そ
のまま収めることはできませんが、当時は{再葬}という}風習があり、まず遺体を
埋葬しておき、白骨化した後に、骨だけをこの中に入れ、再び埋葬したと考えられ
ます。
 (レポーター:平野 正敏、写真も)