松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する児童体験教室(米づくりなど)への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催しています。いずれもネット・会報で募集・紹介してます。
(1)学習部会に入会して楽しく学びましょう(古文書2部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3~4回・徒歩4~5回、会員優先)に参加して、市内外の史跡、遺跡を訪ねます。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)が主催、共催する講演会に参加して、知識を広めましょう。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・8~12ページ)が届きます。会員は学習成果の発表やこだわり趣味を披露することができます。
(5)児童の年間の米づくりや、昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加して、子供たちと楽しく遊び、楽しく学びます。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 232名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野・綿引
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2018年10月04日

ガンダーラの仏教美術:当館コレクションを中心にー望月幹夫館長講演、9/30終わる №290.

 現在、市立博物館では『ガンダーラ—仏教文化の姿と形』特別展を開催しています(11/25まで)。市制施行75周年・開館25周年記念としてある。"なんで、松戸でガンダーラ展?"というところでしょう!。ガンダーラがらみの6講演会が今週、企画され、その第一弾として、9/30(日)、望月幹夫・松戸市立博物館館長から始まりました。題して、『ガンダーラの仏教美術―当館コレクションを中心に―』。当日、約60人の参加者が台風接近という予報のなか、参加されました。
  望月館長は、まずは、"なぜ、松戸博物館にガンダーラの収集物があるのか・"を話されました。市制50周年事業として、市立美術館を建てよう!、という25年前からの経過でした。当時の調査会では{造形美術部門、郷土資料部門、(古)文書部門、の三つの各施設}が必要と答申(1984年)。そして、松戸市美術館建設への答申が出されたのですが、調査会の審議以前に、シルクロードの出土品等を購入していたことで、議会でも問題となりました。この経緯のなか、{郷土博物館の建設を先に}、ということで1993年の市制50周年事業て21世紀の公園・森のホール・博物館の3施設がオープンしたそうです。そのおりの購入済の仏像類が{ガンダーラのコレクション}になっているそうです。
  今秋、改めて、龍谷大学、京都大学、東京国立博物館などの協力を得て、{日本に伝来する以前の仏教美術}を見直してみよう!ということで、特別展のことを説明されました。200点の展示品は、前半は石像彫刻のこと、後半は金属製品のことが並べられ、松戸市立博物館の保有するものを中心に話されていきました。レリ-フのような片岩に浮彫された「初転法輪」は、高さ36㎝・幅30㎝ですが、2~5世紀のものです。{釈迦が悟りを開いた後、鹿野苑で最初の説法を行った場面。釈迦は、台座上に座し、右手で法輪に触れて「転法輪」を表している}と、ありました。(展示会場には、配布資料があり、展示一覧表と、主な解説文も掲載されています)。
  2時間の講演中の画像を見ながら、"仏教にはブッダを偶像化する考え方はなかった"、"ガンダーラなどを支配した王朝によって、2世紀~6世紀頃、仏像や菩薩像が作られだしたんだよな"、"紀元前300年ごろ、アレキサンダー大王がペルシャと戦って勝ち、インドにも攻め入ったんだよな!"と、人づての記憶。{ヘレニズム彫刻の技法と造形思想の影響}という思いで(ただし、のちの講演会では諸説あり)、仏像の立派な鼻筋や骨格を眺め直しました。今後の、講演会は、さらに、角度を変えて、予定されてます。すでに、申し込みの済んだ講演会でも、余裕があれば可能ですから直接、博物館へお確かめください。
●10/7日13:00~ 仏像のいないガンダーラ美術  小泉惠英氏(九州国立博物館学芸部長)  森のホール21レセプションホール終了。
●10/14日13:00~ガンダーラの仏教寺院跡を訪ねて 大森隆志氏(市立博物館学芸員)  博物館講堂 先着80名終了。
●10/28日13:00~仏教文化の受容―古墳・飛鳥・白鳳 小林隆英(市立博物館学芸員)  博物館講堂  先着80名
●11/10土13:00~姿を現した白鳳仏―飛鳥・川原寺裏山遺跡を掘る 右島和夫氏(群馬県立歴史博物館館長) 森のホール21レセプションホール。   (松尾)