松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する児童体験教室(米づくりなど)への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催しています。いずれもネット・会報で募集・紹介してます。
(1)学習部会に入会して楽しく学びましょう(古文書部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3~4回・徒歩4~5回、会員優先)に参加して、市内外の史跡、遺跡を訪ねます。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)が主催、共催する講演会に参加して、知識を広めましょう。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・8~12ページ)が届きます。会員は学習成果の発表やこだわり趣味を披露することができます。
(5)児童の年間の米づくりや、昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加して、子供たちと楽しく遊び、楽しく学びます。
◎年会費  29年度4月から、一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円です。
◎会員数(1/1現在) 252名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内)
       椎野・岡田
       〒270-2252 松戸市千駄堀671 
      TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2017年03月08日

昔のくらし体験教室:チャンス土曜はあとわずか!3/25まで 終了

 1月から始まった市立博物館での「昔のくらし体験教室」は、風呂敷(ふろしき)のつつみ方と
桶(おけ)のかつぎ方とを、実際にやってみることができます。友の会のインストラクターが、毎土曜に、交互に協力しています。残りは、11日(土)・ 25日(土)の{ふろしき体験}(写真1)・18日(土)は桶(
おけ)かつぎ(写真2)です。
 ◆午後1時~4時まで、自由においでください。実際に、スイカのようなボールや一升ビン二本を、持
ち運びよく、ふろしきで包むには、どうしたらできるでしょうか。桶二つを前後に天秤棒(てんびんぼう)にかついで、歩いてみてください。
 ◆会場の企画展示室には、70年前の松戸の農家のくらしを実物で紹介したり、この1年間の{親
子で米づくり体験}を発表したパネルもみられます。平の会場には、市内や柏市からの小学校からの
見学会で一杯になります。人気は蚊帳(かや/写真3)で、すばやい出入りや中に入ってから{異世界
の感じ}を体験できるからでしょう。土・日はゆっくりと見学できます。高齢者施設からの見学者も、子ども時代を回想できる道具類には、会話がはずんでいます。
 ◆3/25土で終了です。会員のボランティア活動、インストラクターのみなさん、もう少し御協力くだ
さい。