松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する児童体験教室(米づくりなど)への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催しています。いずれもネット・会報で募集・紹介してます。
(1)学習部会に入会して楽しく学びましょう(古文書部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3~4回・徒歩4~5回、会員優先)に参加して、市内外の史跡、遺跡を訪ねます。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)が主催、共催する講演会に参加して、知識を広めましょう。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・8~12ページ)が届きます。会員は学習成果の発表やこだわり趣味を披露することができます。
(5)児童の年間の米づくりや、昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加して、子供たちと楽しく遊び、楽しく学びます。
◎年会費  29年度4月から、一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円です。
◎会員数(1/1現在) 252名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内)
       椎野・岡田
       〒270-2252 松戸市千駄堀671 
      TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2017年10月20日

近隣館情報:近郊博物館/足利の文化財・群馬の馬文化・象山・北斎・他

{友の会}へ近郊の博物館からの{おすすめ企画展」のご案内です。
 企画展名・日程・主催者・電話・休日・内容
①『足利の文化財一斉公開』 11/25(土)~26(日) 
 足利の文化財一斉公開実行委員会 ☎0284-20-2230
 足利駅前の太平記館→足利学校・鑁阿寺(ばんなじ)、渡良瀬川
 の三連アーチの中橋を渡って、大谷石造りの模範撚糸工場などへ。
②『海を渡って来た馬文化―黒井峯遺跡と群れる馬ー』 9/30(土)~11/26(日)
 群馬県立歴史博物館 ☎020-346-5522 月曜休み
 古墳時代、当時、最速の乗り物だった馬とその文化が朝鮮半島から伝わった。
 5世紀後半、群馬県域にも馬文化がもたらされ、奈良時代には上野国の中心地
 {クルマ}郡は、名称に群馬の漢字があてられました。
③『象山遺墨コレクション・宮本家』  9/20(木)~12/18(月)
 象山記念館 ☎026-278-2915 火曜休み
 真田宝物館 ☎026-278-2801  〃
 維新の先駆者、佐久間象山の書の世界。二館で同時開催。象山の研究家・宮本
 仲の蒐集した象山の書です。晩秋の信州松代の街をご散策ください。
④『岡山藩主池田家と吉田・二川』 10/7(土)~11/19(日)
 豊橋市二川宿本陣資料館  ☎0532-41-8580  月曜休み
 徳川家康が関東へ移封されると、池田輝政は東三河四郡などの吉田城を領しまし
 た。近世吉田の礎を築き、関ケ原の合戦後は播磨姫路52万石を与えられます。
 輝政・曾孫の綱政の資料を中心に岡山藩池田家と吉田・二川との関わりを紹介。
⑤『北斎とジャポニスムーHOKUSAIが西洋に与えた衝撃』 10/21(土)~1/28(日)
  国立西洋美術館 ☎03-5777-8600  月曜休み
 モネ、ドガ、セザンヌ…みんな北斎に学んだ。西洋と北斎の名作、夢の共演。
 北斎(1760-1849)は西洋絵画の印象派や版画、彫刻、ポスターに影響を与えた。
 その比較をしながら展示する、新たな魅力を感じください。

□市内掲示板のある風景□写真3-千駄堀第一町会の風景