松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する児童体験教室(米づくりなど)への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催しています。いずれもネット・会報で募集・紹介してます。
(1)学習部会に入会して楽しく学びましょう(古文書部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3~4回・徒歩4~5回、会員優先)に参加して、市内外の史跡、遺跡を訪ねます。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)が主催、共催する講演会に参加して、知識を広めましょう。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・8~12ページ)が届きます。会員は学習成果の発表やこだわり趣味を披露することができます。
(5)児童の年間の米づくりや、昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加して、子供たちと楽しく遊び、楽しく学びます。
◎年会費  29年度4月から、一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円です。
◎会員数(1/1現在) 252名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内)
       椎野・岡田
       〒270-2252 松戸市千駄堀671 
      TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2017年09月03日

松戸の古墳をとらえなおす:小林孝秀学芸員、講演会盛況 9/3終了

  夏休み中開催の『松戸の古墳時代』の資料展は、9/10(日)に終わる。
そのエッセンスを紹介する講演会{松戸の古墳をとらえなおす}と題し、展
示を担当した小林孝秀学芸員の講演会が、9/3(日)、市立博物館で開
かれました。「友の会」との共催でした。講堂80名定員は満席で、市民50
人、会員30人余でした(写真1)。講演後、展示場でさらに具体的な説
会もおこなわれました(写真2)。
●3世紀中ごろから7世紀末のざっと500年間の古墳時代を、2時間での
紹介、とくに下総・松戸からの出土品の特色や"問題提起"でもありました。
終了後のアンケートでは、"古墳時代の前期から後期まで、房総半島の状
況がよくわかってよかった"とか、"2時間、あれもこれもで追われてしまった!"
ともありました。
●テーマは➀古墳時代とはどんな時代か?➁古墳時代の始まりと松戸
③巨大古墳が造られた頃の松戸④古墳時代の終わりと松戸⑤律令国家
の成立と古代交通路、でした。約80枚の市内外の遺跡や出土品、地形図
の写真を映しながら、基礎知識と"疑問発見"をすすめる講演でした。
   「前方後円」と「前方後方」の墳形の違いは、邪馬台国と狗奴国の抗争を
反映したのではないか?の論点や、市内の諏訪原遺跡(和名ヶ谷)や上矢
切南台の出土品から、全国の古墳とを比較する指摘がありました。集落をか
こむ「環濠(かんごう)」の他に、別の"溝"がみられる、{香取の海}と{旧利根
川=江戸川→東京湾}に挟まれた地域として、群馬方面からの異色のもの、
などが指摘されていきました。
●古墳というと「前方後円墳」のイメージが強いですが、松戸からは発掘され
てはいないそうです。その同じ時代に相応する埋葬物は発見されている、と
いうことでした。河原塚古墳群(写真3)や行人塚古墳などから、鋳造鉄片とか
多孔式甑(こしき)といった渡来系遺物も発掘され、朝鮮半島の各所との土器
・副葬品の照合もすすんでいるという。埴輪のあるなしとか馬の移入について
も、大陸からの高度な文化の交流・交易の指摘もありました。
  {日本の6,7世紀、松戸などの地域社会を調べることは、ヤマト王権から
古代律令時代へ移っていく、地方の実態を知ることになる}と強調されました。
 (松尾健二)
*『松戸市史改訂版上巻』-第三章食料生産の開始と古代国家の成立 
第二節古墳時代 (執筆担当・小林孝秀) 65頁分をおすすめします。