松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する児童体験教室(米づくりなど)への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催しています。いずれもネット・会報で募集・紹介してます。
(1)学習部会に入会して楽しく学びましょう(古文書部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3~4回・徒歩4~5回、会員優先)に参加して、市内外の史跡、遺跡を訪ねます。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)が主催、共催する講演会に参加して、知識を広めましょう。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・8~12ページ)が届きます。会員は学習成果の発表やこだわり趣味を披露することができます。
(5)児童の年間の米づくりや、昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加して、子供たちと楽しく遊び、楽しく学びます。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 232名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野・綿引
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2018年06月03日

歴史を語る講演会:『近世・松戸河岸と江戸―人と物の交流』和泉清司氏 6/3 終了

 ひとあし早く紫陽花のたよりのなか、市立博物館では、『ガンダーラ仏教美術の紹介』
5/25望月幹夫館長、『まつどの江戸時代』5/27富澤達三学芸員、そして本日『近世・
松戸河岸(まつどがし)と江戸』和泉清司・高崎経済大・名誉教授の講演会がありました。
いづれも、講堂の80人定員を満たす市民の関心でした。
 本日の和泉先生の一時間半のお話しは、"レジメにも載せておきましたから、あとで読み
直してもください"と、新書版一冊にはなる詳細な資料も配布されました。江戸時代の松戸、
とくに、江戸川の水運〈人と物の交流〉について、具体例をふんだんに盛り込んでのお話し
でした。
              ▽                   ▽
 徳川家康が江戸に幕府を開いた頃は、利根川は江戸の地域を洪水に巻き込む流路だっ
たこと。それを、{利根川東遷}といわれる銚子方面へと流路を替える事業がすすめられた
こと。鬼怒川や江戸川も開削もされ、内陸の河川交通が発達していきました。800mほどの
松戸河岸には、往還・納屋・平潟・本多の4河岸があったそうです。松戸宿は水戸街道の宿・
対岸の金町には関所のあったところ・渡船場としての性格・河岸の役割という特徴を指摘さ
れました。
 江戸という大消費地へ、年貢米・酒・野菜・醤油・味噌そして生鮮魚など関東各地からの、
物資が回送されていきます。また、俳諧・狂歌・国学などの文化交流も盛んになり、それら
人物の紹介もありました。聴講者からの質問には、"これだけ賑わいの松戸がいま、不振に
なってきていないか、どうすればとりもどせるか!"があり、和泉講師は"町おこしというのは、
特色をだすという課題がムツカシイですね!!"と、会場が苦笑いする場面もありました。
(記録・松尾)