松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する児童体験教室(米づくりなど)への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催しています。いずれもネット・会報で募集・紹介してます。
(1)学習部会に入会して楽しく学びましょう(古文書部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3~4回・徒歩4~5回、会員優先)に参加して、市内外の史跡、遺跡を訪ねます。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)が主催、共催する講演会に参加して、知識を広めましょう。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・8~12ページ)が届きます。会員は学習成果の発表やこだわり趣味を披露することができます。
(5)児童の年間の米づくりや、昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加して、子供たちと楽しく遊び、楽しく学びます。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 232名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野・綿引
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2018年03月01日

講演会参加報告:明治元年の藩の引っ越し(菊間藩)ー千葉県文書館県史講座から

 千葉県文書館では、現在、『房総相撲博覧会』(無料・3/10まで)の企画展を
開催しています。江戸・東京に近い房総は、草相撲が盛んでした。本職の
力士たちによる興行も各地で行われてきました。小錦八十吉(横芝光町)ら
4人の横綱が出ており、現在でも、20人からの千葉県出身力士が活躍して
いるそうです。千葉県庁の向かいの場所に文書館はあります(日・祭休み)。
 ▽その文書館では随時、講座を開いています。『房総へやって来た静岡の
藩』・岩村麻里氏(文書館嘱託)による講座が2/16・17にありました。
明治維新に際し、大藩の少ない房総は、大規模な国替えの対象になったそ
うです。浜松藩6万石→長南町、掛川藩5万3千石→芝山町、沼津藩5万石
→市原市の例です。徳川宗家の駿河移転に伴う所替えでした。
 ▽沼津藩旧藩名)の事例から、維新期のまさに激動の姿としての菊間藩(
新藩名)をとりあげられました。鳥羽伏見の戦い以後、幕府譜代の要職の沼津
藩は、「勤王」恭順を示しながら藩政改革もすすめ、房総への転封となってい
きます。{移転先は房総知県事の支配地であり、城や武家地がない土地、拠
点となりうる居城もなければ、藩士の居場所もないのが実情だった}。
 ▽ 明治4年7月に廃藩置県で菊間県が設置されていきますが、{慢性的な財
政逼迫と房総への移封による甚大な出費も相まって進退極まり、廃藩に追い
込まれる藩⇔これ以上の家臣団の解体を憚(はばか)り、苦渋の上での決断に
至る藩主}…。
 -歴史年表の鳥羽伏見の戦い・版籍奉還・廃藩置県への実像が,詳細に伝
わってくる講座でした。(会員T・c)