松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する児童体験教室(米づくりなど)への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催しています。いずれもネット・会報で募集・紹介してます。
(1)学習部会に入会して楽しく学びましょう(古文書部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3~4回・徒歩4~5回、会員優先)に参加して、市内外の史跡、遺跡を訪ねます。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)が主催、共催する講演会に参加して、知識を広めましょう。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・8~12ページ)が届きます。会員は学習成果の発表やこだわり趣味を披露することができます。
(5)児童の年間の米づくりや、昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加して、子供たちと楽しく遊び、楽しく学びます。
◎年会費  29年度4月から、一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円です。
◎会員数(1/1現在) 252名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内)
       椎野・岡田
       〒270-2252 松戸市千駄堀671 
      TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2017年04月09日

友の会主催のことしの学芸員講演会一覧&近隣の桜見物Ⅱ

 2017年度(平成29年度)の友の会が主催し、市立博物館とも協力の、{学芸員講演会}の
1年間の予定を紹介します。興味のあるなしにかかわらず、専門のお話を聞いてみると、"ナル
ホド"と知識の刺激を受けられます。年間6~7講座、約400人の方々が博物館で古代・中世・
近世・現代の松戸の歴史にかかわる講座をお聞きになっています。これまでのアンケート結果
の8割は、{来てみて、聞いてよかった!}と、好奇心に満足され、興味に刺激が湧いた!と、お
答えになります。
 いずれも、13時~市立博物館講堂です。先着80人・申込み不要・無料
  5/28 (日)① (仮)木地師(きじし) と こけし  山田尚彦・学芸員 *ろくろなどを使って木工製品を作る職人
  7/23 (日)② 富士山への信仰―松戸の富士講から  青木俊也・学芸員
以降
  9/3 (日)③ (仮題) 松戸の古墳をとらえなおす 小林孝秀・学芸員
 10/22 (日)④ (仮) 本土寺と戦国の社会 中山文人・学芸員
  2/18 (日)⑤ (仮) 幕末の志士と松戸  柏木一朗・学芸員
  3/24 (日)⑥  お江戸の事件と錦絵Ⅱ  富澤達三・学芸員
近隣の桜見物Ⅱ この数日で散ってしまいます!

写真➀「横六間川」(よころっけんがわ)松戸市馬橋高校のグランド横。松戸の市街から流山方向に掘削された、農業用水の六間川が
 旭町のところでぶつかって江戸川と坂川に交差する位置です。若木の桜が地元の有志の手で十数年、こんなに立派になりました。
写真➁「幸手(こうで)貝塚」の桜。松戸市北部。本土寺のさらに奥、丘陵地が切れる地域。縄文時代の住居跡が160戸もあったそう
  です。6000年前の遺跡からはめずらしい土器が発見されてます。北小金駅からの循環バスで、この落ち着いた地域は必見です。
写真③「小石川後楽園」。東京都文京区のJR水道橋駅、そう、東京ドームの裏側です。水戸藩の大名庭園です。65歳以上150円。
  友の会では5/11(木)、19(金)に、後楽園・育徳園へのウオーク見学会を予定してます―4/15締切。