松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する児童体験教室(米づくりなど)への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催しています。いずれもネット・会報で募集・紹介してます。
(1)学習部会に入会して楽しく学びましょう(古文書部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3~4回・徒歩4~5回、会員優先)に参加して、市内外の史跡、遺跡を訪ねます。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)が主催、共催する講演会に参加して、知識を広めましょう。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・8~12ページ)が届きます。会員は学習成果の発表やこだわり趣味を披露することができます。
(5)児童の年間の米づくりや、昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加して、子供たちと楽しく遊び、楽しく学びます。
◎年会費  29年度4月から、一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円です。
◎会員数(1/1現在) 252名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内)
       椎野・岡田
       〒270-2252 松戸市千駄堀671 
      TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2017年08月19日

ヤマタイ国時代の南関東ー古墳時代への”目からウロコ”:西川修一氏講演 8/19報告

 8/19土曜、午後から2時間、小林修一講師(日本考古学協会員)の講演が市立博物館
でありました。講堂80人の定員をこす市民・当会会員が集まり、関心の高まりでした。
演題は「ヤマタイ国時代の南関東ー古墳時代のはじまり頃の東西交流ー」でした。
●日本の歴史のなかで、考古学としては、縄文→弥生→古墳→律令国家の各時代の流
れが一般的です。その中で、弥生時代の後期から古墳時代への3世紀前後の、ヤマタイ
コク(≒邪馬台国)時代に、スポットをあててみよう!ということでした。100枚のスライドを
順次みながらの、最近の考古学資料からの"目からウロコ"の問いかけでした。
●まずは、"邪馬台国が九州なのか関西にあったのか?"、"中央の大和政権が東日本へ
順次、支配勢力を伸ばしていったのか?" という自問。小林講師は、丹後半島からの遺跡
からのガラスの装身具(大和からは出てない!)などの出土品の例から、卑弥呼の同時代、
日本列島には、ちがうルート(海外からを含め)・地域の文化圏があった!という提起でした。
日本海側から、直接、日本列島の中部から武蔵・房総方面までの河川を含めた交易ルートが
あったことも紹介されていきました。{東京低地のうち、房総側の松戸には遺跡≒居住者が多
い}地形上からの解説もありました。
●"縄文人は、素朴な力強い性格だった"という解釈には、"もっと、縄文人は計算的・合理的
な知性的な考え方だった!"と、土器や土偶の模様・細工を説明し、呪縛性や首長像を指摘
されました。また、海をネットワークにした物流・ヒトの交流の事例として、太平洋岸からの遺跡
発掘を紹介。従来の{大和政権による権力的な地続きの東進}という解釈だけとはちがう、複
眼的な地域ごとでの発展の例を挙げられる。結びには、文献の一節をあとづけのように、ツジ
ツマ合わせする歴史論や、現代の発掘技術への限界、神話物語と考古学との峻別へ、警鐘も
語られました。講演終了後は、企画展中の『松戸の古墳』会場でも、詳細な解説もされました。
 (松尾健二:文・写真)