松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する児童体験教室(米づくりなど)への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催しています。いずれもネット・会報で募集・紹介してます。
(1)学習部会に入会して楽しく学びましょう(古文書部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3~4回・徒歩4~5回、会員優先)に参加して、市内外の史跡、遺跡を訪ねます。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)が主催、共催する講演会に参加して、知識を広めましょう。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・8~12ページ)が届きます。会員は学習成果の発表やこだわり趣味を披露することができます。
(5)児童の年間の米づくりや、昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加して、子供たちと楽しく遊び、楽しく学びます。
◎年会費  29年度4月から、一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円です。
◎会員数(1/1現在) 252名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内)
       椎野・岡田
       〒270-2252 松戸市千駄堀671 
      TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2017年06月12日

会員からの報告:「バベルの塔」展みましたか?”無料日もあり!” 7/2まで

 *ブリューゲル「バベルの塔」展は、7/2(日)まで、東京都美術館。一般
1600円・65歳以上(証明書)1000円。6/21(水)65歳以上(証明書)は無料。
17日(土)・18(日)は18歳未満の子を同伴する保護者は当日料金の半額です。
                        ▼ 会員T・Cさんからの報告です ▼
 15・6世紀(日本では室町時代~戦国時代あたりか)のヨーロッパ絵画、ネー
デルランド地方で活躍していた代表的な画家、ヒエロニムス・ボスとピ-テル・
ブリューゲルが日本にやってきた。
● ブリューゲルについては、農民の日常に向ける眼差しに好感と親しみを
感じていた程度で、「バベルの塔」について、全く、知らないでいた。 ボスの
模倣から出発しながら、風景や風俗表現に新境地を開き、16世紀最大のネ
ーデルランドの画家になり、「バベルの塔」にたどり着く。彼の現存する油彩
画は40点余り、数が少ない上に、木版に描かれた作品は繊細で、海外で作
品を展示することが最もむつかしい巨匠の一人とも言われている。
 このバビロンの人々が天まで届く塔を建て始めたという聖書のエピソードに、
画家がなぜ注目したのか、なぜ、「バベルの塔」を描かなくてはならなかった
のか。
● {昔々、世界の人々は、みな同じ言葉を話していた。ある時、東の方から
移動してきた人々は、シリアルの地に平野を見つけ、そこに住み着いた。彼ら
は、〈自分たちにできないことはない、レンガを作り、よく焼こう〉と話し合った。
石の代わりにレンガを、漆喰の代わりにアスファルトを持ちいた。彼らは、〈さあ、
天まで届く塔のある町を建て、有名になろう、そして、全地に散らされることの
ないようにしよう〉-
しかし、この行いを見て、神は決めた。〈彼らは、皆一つの言葉を話すから、
このようなことを始めたのだ。それでは、彼らが何を企てても、それを妨げるこ
とはできぬよう、直ちに、彼らの言葉をバラバラに混乱させ、互いの言葉が聞き
分けられぬように、してしまおう〉。人々は別の言葉を話すようになり、塔の建設
は中断される。} 旧約聖書・創世記:バベルとはヘブライ語で「混乱」という意味
だそうだ。
● 1400人もの働く人々が描かれ、港に船が何艘も出入りしているのは、建設の
材料を運んできたのだろう。ブリューゲルは、船の構造にも詳しかったと言われて
いるので、このち密さも納得できるということだ。絵の中のバベルの塔の所在は、
アントウェルペンという。港町で栄え、世界中の言葉が飛び交うヨーロッパの重要
な商業の中心地だった。この神話を絵の中によみがえらせたのは、傲慢になって
いく、人間のあり方に警鐘を鳴らした…?神のいましめの物語。 (T・C)