松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する児童体験教室(米づくりなど)への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催しています。いずれもネット・会報で募集・紹介してます。
(1)学習部会に入会して楽しく学びましょう(古文書2部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3~4回・徒歩4~5回、会員優先)に参加して、市内外の史跡、遺跡を訪ねます。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)が主催、共催する講演会に参加して、知識を広めましょう。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・8~12ページ)が届きます。会員は学習成果の発表やこだわり趣味を披露することができます。
(5)児童の年間の米づくりや、昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加して、子供たちと楽しく遊び、楽しく学びます。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 232名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野・綿引
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2018年10月14日

10月28日(日)13:00~講演会「仏教文化の受容―古墳・飛鳥・白鳳―」先着80名、無料、当館講堂

皆様お早うございます。せっかくの日曜日なのにパットしない天気ですね。でも家に閉じこもっていないで、ぜひ市立博物館へ出かけてみて下さい。今、「ガンダーラ~仏教文化の姿と形~」特別展を開催中です。ところで、本日は10月28日(日)午後の学芸員講演会④『仏教文化の受容―古墳・飛鳥・白鳳―』のご案内です。講師は当館学芸員の小林孝秀先生です。もちろん、この講演会も「ガンダーラ~仏教文化の姿と形~」特別展関連講演会です。小林先生は「仏教は6世紀中頃、日本列島に姿や形を変えて辿り着いたが、その本質は変わっていなかった」と語っておられます。考古学を専門分野とされている小林先生は、実際に国内で出土した資料、例えば、古墳や寺院跡の発掘調査並びに出土物、そして現存する仏像等の調査研究を主体にした活動を続けておられます。そのような活動の一端から、当時の人々が仏教をどのように受容したのか探ってみたいと張り切っておられます。きっと、たくさんの映像資料を示しながらわかりやすく説明されると思います。ぜひご来館いただき、小林先生のお話をお聴き下さい。よろしくお願いいたします。