松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する児童体験教室(米づくりなど)への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催しています。いずれもネット・会報で募集・紹介してます。
(1)学習部会に入会して楽しく学びましょう(古文書2部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3~4回・徒歩4~5回、会員優先)に参加して、市内外の史跡、遺跡を訪ねます。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)が主催、共催する講演会に参加して、知識を広めましょう。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・8~12ページ)が届きます。会員は学習成果の発表やこだわり趣味を披露することができます。
(5)児童の年間の米づくりや、昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加して、子供たちと楽しく遊び、楽しく学びます。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 240名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野・綿引
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2019年03月03日

ニュータウンの地域社会:多摩ニュータウンの変遷と常盤平団地の生活史 講演会3/3終了

  ニュータウンをめぐるお二人の講演会がありました。常盤平団地は来年、"入居60周年・還暦"になるそうです。3/3(日)の午後、博物館講堂で{団地・ニュータウンの地域社会と生活史を探る}という共通のテーマで、『ニュータウンの変遷と地域社会』金子淳(あつし)・桜美林大学准教授、『常盤平団地の生活史』青木俊也・松戸市立博物館学芸員が話されました。
  雨の中、40人余の参加者が集まり、4時過ぎまで熱心に、日本の現代史となる団地の歴史、問題点、考察を受講できました。はじめに、金子先生は、多摩ニュータウンをとりあげました。常盤平団地より10年あと1971年、東京都の多摩地域に「山の手線の内側の面積に匹敵する!日本最大の団地が、何もない、山林原野に忽然と出現していった」という。いまも開発はすすんでいる。
  {新住民は、フロンティア精神が旺盛で、歴史のない分、新たな伝統づくりをめざしてきたが、実は、旧住民からの問い直し、開発前の歴史があったことを知る必要も問われている}と、金子先生。例えとして{アメリカはコロンブス以降に歴史が始まった、とは歴史学的にも倫理的にも現在では適切ではない、西洋中心主義、白人中心主義の歴史観とされる}をあげる。さらに、{50年の歴史は、新住民には新しさを失い、新旧住民の境界すらハッキリしなくなってきた}とし、第二世代以降は、計画的な清潔な空間への愛着が高く、ニュータウンとことさらに言う必要もなくなってきている、と指摘。
  そして次に、青木学芸員からは、常盤平団地の話へ。松戸の金ケ作と五香地区にまたがる雑木林の樹林地51万坪に、約5000戸の4階建て中層住宅が誕生し、1960年から入居する話へ。92戸の居宅があり、反対期成同盟と公団との対立のなか、1962年には松戸市の人口が10万人を超え、それまでの"農村松戸"から"首都圏の住宅地松戸"へと変貌してきたこと。
  団地自治会の活動は活発で、鉄道の改善、電話架設、公共サービスの改善、保育所・小中学校の拡充など目覚ましい成果をあげてきた。60年を過ぎた現在、総戸数5400戸の人口は7700人だが、65歳以上の高齢者が半数へと。とくに、単身世帯が増加しており、孤独死防止活動が10年前からすすめられ、「いきいきサロン」のような人とのつながりを取り戻せる活動が注目される。そして、{今後は入居者たちの「死」についての対応が求められるが、それは、団地・ニュータウンにかかわわらず、社会全体のテーマでもある}と、強調。
  お二人の講演を聞きつつ、自分が松戸に都心から転居してきた経緯や、子どもたちの成長から分離までのこと、今後の健康や街の変化など比較していったひとときでした。なお、一般の方向け、3/24(日)13:30~16:00、{松戸の村の江戸時代—幸谷村を中心に}渡辺久志・一橋大学大学院社会学研究科教授の講演会があります。無料。松戸市民劇場です。先着200名、申し込み不要です。ご利用ください。 (記・松尾)