松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する児童体験教室(米づくりなど)への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催しています。いずれもネット・会報で募集・紹介してます。
(1)学習部会に入会して楽しく学びましょう(古文書部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3~4回・徒歩4~5回、会員優先)に参加して、市内外の史跡、遺跡を訪ねます。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)が主催、共催する講演会に参加して、知識を広めましょう。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・8~12ページ)が届きます。会員は学習成果の発表やこだわり趣味を披露することができます。
(5)児童の年間の米づくりや、昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加して、子供たちと楽しく遊び、楽しく学びます。
◎年会費  29年度4月から、一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円です。
◎会員数(1/1現在) 252名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内)
       椎野・岡田
       〒270-2252 松戸市千駄堀671 
      TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2017年10月06日

松史会部会10月報告:特別授業・企画展『本土寺と戦国の社会』を観る

 10/4(水)、定例の勉強会を開きました。当日は、特別授業で、教科書を離れて、現在、
市立博物館で開催されている企画展『本土寺と戦国の社会』を、中山文人学芸員の解説
で、観てまわりました。
○松戸の鎌倉から戦国時代を知るうえで、小金城・高城氏と本土寺を知ることは、欠かせ
ない。この企画展では、本土寺をはじめとして、茨城から京都まで、各地の貴重な資料をお
借りして、宗教・芸能・戦争のあり方、等、戦国時代の意外な実態を紹介しています。
 (1)本土寺のはじまりと寺宝 
 日蓮聖人の生涯は、天台宗に学び、法華宗(妙法蓮華経)への、{絶対的な帰依に到達す
ること}で、独自性を獲得したことから、批判と弾圧の繰り返し、まさに、試練の連続と言える。
 迫害と苦境の中で深まった思想は、数多くの著作物で形となり、後世へと伝わっている。
 展示として、
○日蓮聖人直筆で日本で三番目に大きい『日蓮聖人曼荼羅本尊』(掛け軸)
○書状の形をとっているが、堂々たる学術論文である『日蓮聖人書状(大学三郎御書)』
○『立正安国論(平賀本録内御書)』冒頭・奥書
が、圧巻。
 本土寺の始まりについては、諸説あるが、鎌倉時代後期、有力な支援者の要望に、日蓮聖
人が応えて、弟子を派遣したのがはじまりで、初代貫首は、日伝(日典)上人である。
 (2)本土寺の戦国時代
 戦国時代には、社会のあちらこちらで、古い秩序にひびが入る。本土寺も例外ではなく、開創
以来の有力信者・曽谷氏の衰退、また戦火にも見舞われる。
 復興を担った日意上人・日端上人は、武蔵国の末寺を両山(池上本門寺・鎌倉比企谷妙本寺)
に渡し、(江戸川を境にするかのように)下総国東部から上総国にかけて数多くの末寺を開きま
すー両山から紹介されたという馬加千葉氏の重臣≒原氏の支援を受け入れることで。
○銅透彫華籠-この華籠(けこ。華皿-はなざら)には、弥富(佐倉市岩富)と小西(大網白里市
小西)の分家のみならず、原惣領家の小弓(千葉市生実)の文字も見える点からも、貴重な資料
です。本土寺の勢力が下総から上総まで、拡がっている事をあらわします。(写真1 『松戸市文化財マップ』一部分)

○『永禄の規約』・『松永久秀書状写』・『酒井胤敏書状写』など、本土寺のみならず、日蓮宗寺院
全体に及ぼす、和睦に関係する文書。
 (3)本土寺過去帳と職人ー猿楽師・鍛冶
 「本土寺過去帳」の価値は、第一に全国でも20点あまりしか現存しない、寺院の{中世過去帳}
という点です。法名(戒名)に加えて、俗名、続柄、年・月、地名、職業、死因又は逆修供養(生前
供養)、等が記されています。注意深く読んでいくと、いろんなことが判明したり、推測できます。
松戸市内の地名が中世までさかのぼれたりします。このように、他に例を見ないほど内容豊富な
ことが第二の価値です。(写真2『松戸市文化財マップ』から)
(4)大動乱と小さな襲撃事件。(写真3 『まつどミュージアム』最終号館内配布中)
 西原文書は、伊豆国(静岡県)の土豪西原氏が残した、戦国時代の古文書で、永禄7年(1564年)
正月の国府台合戦に関わる、資料です。たくさんの大名・領主たちの思惑が渦巻く様子と共に、勇
ましく、潔いばかりではない戦争のあり方を見てみよう。また、戦国大名と家臣のリアルなやり取りや
権力にしたたかに抵抗する郷村の姿も見てみる。
○『北条氏康書状』-国府台合戦の直前、北条氏康が西原氏・秩父氏へ、軍勢の動員を命じた文書。
○『北条家朱印状』-西原氏に新たに与える旨の朱印状。国府台合戦の恩賞であろう。
○『千葉胤富書状』-{永禄12年(1569年)里見軍が、突如、松戸・市川まで相散らし}と、ある。{打ち
散らす}とは?。作物をなぎ倒したり、掘り返して、食べられなく、することです。
 次回の勉強会は、11月1日(水)午後1時半~3時半 博物館実習室です。  (T・K)