松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する児童体験教室(米づくりなど)への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催しています。いずれもネット・会報で募集・紹介してます。
(1)学習部会に入会して楽しく学びましょう(古文書2部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3~4回・徒歩4~5回、会員優先)に参加して、市内外の史跡、遺跡を訪ねます。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)が主催、共催する講演会に参加して、知識を広めましょう。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・8~12ページ)が届きます。会員は学習成果の発表やこだわり趣味を披露することができます。
(5)児童の年間の米づくりや、昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加して、子供たちと楽しく遊び、楽しく学びます。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 232名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野・綿引
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2018年09月11日

友の会報9月号発行:『ガンダーラ―仏教文化の姿と形』特別展9/22(土)~など №285.

 9/11(火)午後、『友の会会報9月号』105号)を発行し、配送を開始しました。午前中、定例の運営委員会(委員等18人出席)が博物館実習室で開かれました。会員数が228人と昨年並み(230人)となっていること、親子米づくりでは月末に稲刈りを行う、夏休み中の「親も楽しむからくり玩具」活動では約50名の参加があり、延べ50人で支援活動を行ったこと、10月以降の見学会予定などの報告や確認を行いました。松戸市内の各団体などの動きとして、{矢切耕地に物流施設の建設}の動きがあることも報告されました。会報9月号の主な内容は以下のとうりです。〇特別展『ガンダーラ―仏教文化の姿と形_』*招待券が同封されています。9/22(土)~11/25(日)、市立博物館にて、一般300円。〇「東京国立博物館―縄文特別展」を見る、松戸の至宝、幸田貝塚土器12点 一挙公開!! 増田寛市会員。〇{ひとこと―特別展ガンダーラのもうひとつの見どころ}小林孝秀学芸員。〇もう一つの佐倉国立歴史民俗博物館の顔ー「変化朝顔」 佐藤友保会員、〇家庭菜園づくりに興味のある人大歓迎!!椎野時男会員、〇博物館講演会行事の予定(参加者募集):9/30(日){ガンダーラの仏教美術}(仮)望月幹夫・館長、10/7(日){仏像のいないガンダーラ美術}小林惠英・九州国立博物館学芸部長。10/14(日){ガンダーラの仏教寺院をたずねて}(仮)大森隆志学芸員、10/28(日)小林孝秀学芸員、11/10(土){姿を現した白鳳仏―飛鳥・川原寺裏山遺跡を掘る(仮)}右島和夫・群馬県立歴史博物館長、その他{松戸の歴史をさぐる―近現代編全3回}10/28、11/4、11/18各日曜・柏木一朗学芸員。●友の会の見学会:{中山道の宿場町"板橋宿"を歩く}➀10/11(木)②10/19(金)、{バス見学会・彩色壁画の虎塚古墳・岡倉天心ゆかりの地を訪ねる}11/1(木)。*詳細は会報にて。一般募集の行事は松戸市報にて募集。当欄でも今後、紹介していきます。