松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する児童体験教室(米づくりなど)への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催しています。いずれもネット・会報で募集・紹介してます。
(1)学習部会に入会して楽しく学びましょう(古文書2部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3~4回・徒歩4~5回、会員優先)に参加して、市内外の史跡、遺跡を訪ねます。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)が主催、共催する講演会に参加して、知識を広めましょう。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・8~12ページ)が届きます。会員は学習成果の発表やこだわり趣味を披露することができます。
(5)児童の年間の米づくりや、昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加して、子供たちと楽しく遊び、楽しく学びます。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 232名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野・綿引
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2018年11月02日

近隣館情報:{村の百姓と江戸時代}講演会・{和太鼓のひびき}6団体演奏会・ラーメンサミットetc

 当「友の会」へは、近隣の博物館やサークル・諸団体から、イベントのご案内をいただいています。『友の会会報』の付録として、最新の「近隣館情報」(A4/表裏)を発行します。毎回、約30館・団体の催しを紹介しています。こんどは11/13付となります。掲載できなかった案内分の一部を紹介します(写真)。ご興味のあるイベントにご参加ください。●「村の百姓と江戸時代」講演会。11/11(日)13:00~、松戸市民劇場、無料、当日参加。講師・渡辺尚志・一橋大学教授、日本近世史-『百姓たちの江戸時代』(ちくまプリマー新書)・『百姓の主張』(柏書房)・『殿様が三人いた村』(崙(ろん)書房)、著書多数。松戸市文化祭公演事業・松戸史談会(047-342-1764松田)。●「和太鼓のひびきー日本のこころ」演奏会。11/1(日)13:00~、森のホール(小ホール)、無料、当日参加。鳳太鼓・御陣屋太鼓を守る会・松戸つゞみ連・専大松戸和太鼓の会・大江戸助六流太鼓菖友會、他。東日本大震災復興支援・松戸市和太鼓連盟。●「明日もあるさ会ー皆で歌おうin松戸」。11/12(月)14:00~、小金市民センター、500円当日払い。昔懐かしい曲をピアノ伴奏で歌います。歌集を貸します。リクエストもお受けします。参加希望者は電話予約を(090-7813-6178中川)●「モリヒロフェスタ・ラーメンサミット」11/23(祝)~25(日)10:00~16:30、21世紀の森と広場。入場無料。「中華蕎麦とみ田」(松戸、写真・NHK「シブ5時」から)など全国よりすぐりのラーメン店6店、飲食店30店、チケット販売は16:00まで・おいしい・たのしい・おしゃんてぃ。実行委員会(047-345-8900)。なお、23日には、当「友の会」も博物館実習室で、{パタパタ・からくりおもちゃ・作り体験}のボランティア活動で参加します。●「日本の中世文書ー機能と形と国際比較」企画展、~12/9まで、月曜休館。国立歴史民俗博物館(佐倉市、03-5777-8600)。中世の古文書は、書式・名前の書き方・印の押し方・紙の大きさや種類などに重要な意味がある。平安後期から安土桃山時代の変化を読み解きます。大人830円。小中学生は無料。●「鷗外の"うた日記"」、~1/14(月)、文京区立森鷗外記念館(03-3824-5511)観覧料500円。休館日:11/27火・12/25火、年末・年始。日露戦争中に鷗外が戦地で創作した詩歌を自ら編集。短歌331種、俳句168句、新体詩58篇、訳詞9篇、長歌9首。詩歌でなければ書けなかった想い。●「原三渓~茶と美術へのまなざし」、~12/16(日)、畠山記念館(港区白金台、03-3447-5787)、休館日:月曜。入館料700円、中学生以下無料。横浜の実業家・原三渓(1868~1939)は生誕150年、コレクションの書画・工芸品など43点を公開。国宝『禅機図断簡 因陀羅歩で楚石梵琦賛』(写真)など重要美術品を展示。同館は鉄筋コンクリート構造の近代建築のうちに、日本建築を巧みに取り入れた造りです。