松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する児童体験教室(米づくりなど)への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催しています。いずれもネット・会報で募集・紹介してます。
(1)学習部会に入会して楽しく学びましょう(古文書2部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3~4回・徒歩4~5回、会員優先)に参加して、市内外の史跡、遺跡を訪ねます。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)が主催、共催する講演会に参加して、知識を広めましょう。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・8~12ページ)が届きます。会員は学習成果の発表やこだわり趣味を披露することができます。
(5)児童の年間の米づくりや、昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加して、子供たちと楽しく遊び、楽しく学びます。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 240名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野・綿引
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2019年01月03日

近隣館情報から:講演会のご案内/鎌ヶ谷の幕末・倭王と木更津・千葉の遺跡・袖ヶ浦の縄文時代・市川の歴史

 近隣館からの企画展のご案内が届いてます。1/8(火)に、1月号の「友の会報」を発送予定です。『近隣館情報』も同封します。以下に、これからでも、間に合う講演会の紹介をいたしますので、この機会に、新たな発見、好奇心を招いてください。◍『倭王と木更津』-金鈴塚古墳を中心とする浜長須賀古墳群や祇園大塚山古墳などを取り上げながら、古墳時代の木更津の様子について。講師は上野祥史氏(国立歴史民俗博物館 研究部考古研究系 准教授)。1/19(土曜)、午後1時30分~3時30分、ロイヤルヒルズ木更津ビューホテル、200名、申込順、無料、受付中・☎0438-23-0011 木更津市郷土博物館金のすず。◍『鎌ヶ谷幕末騒動記』-お隣の鎌ヶ谷市での幕末、150年前の紹介です。本多の殿様と田中藩下総領の村々の出来事です。講師は根岸茂夫氏(國學院大學文学部教授)。1/20日曜、午後2時~4時、鎌ヶ谷市生涯学習推進センター(まなびぃプラザ)、70名申込順。無料、受付中・☎ 047-445-1030、鎌ヶ谷市郷土資料館。◍『地中の歴史をさぐる』-千葉寺地区の遺跡発掘を中心に、旧石器、縄文、弥生、古墳、飛鳥~奈良~平安、中世各時代を語ります。白井久美子氏(千葉県立房総のむら)、田中広明氏(埼玉県埋蔵文化財調査事業団)、栗田則久氏(千葉県教育振興財団)。1/20日曜、午前10時30分~午後3時30分、千葉県立中央博物館講堂、当日先着150名、無料、☎043-424-4850、千葉県教育振興財団文化財センター。◍『山野貝塚から縄文時代のムラと社会を探る』-{山野貝塚から見つかった住まいの跡}上村秀明氏(千葉県教育振興財団)、{縄文時代のムラと社会}谷口康浩氏(國學院大學教授)。山野貝塚から見つかった土器などの出土品を展示します。1/26土曜、9:50~12:00、袖ヶ浦市民会館大ホール、当日受付、無料、☎0438-62-3744、袖ヶ浦市教育委員会生涯学習課。◍『まつりごとの展開』-市川市史刊行記念講演会、{市川は古代下総のセンター/国府・国分寺の成立まで}吉村武彦氏(明治大学名誉教授)、{中世市川と「祭りごと」/「府中」から「境目の地」へ}湯浅治久氏(専修大学教授)、{江戸近郊としての市川}村田隆三氏(昭和学院短期大学講師)。2/2土曜、13時30分~16時30分、市川市生涯学習センター(グリーンスタジオ)。当日先着220名、無料。☎047-320-3334、市川市文学ミュージアム。