松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する児童体験教室(米づくりなど)への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催しています。いずれもネット・会報で募集・紹介してます。
(1)学習部会に入会して楽しく学びましょう(古文書部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3~4回・徒歩4~5回、会員優先)に参加して、市内外の史跡、遺跡を訪ねます。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)が主催、共催する講演会に参加して、知識を広めましょう。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・8~12ページ)が届きます。会員は学習成果の発表やこだわり趣味を披露することができます。
(5)児童の年間の米づくりや、昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加して、子供たちと楽しく遊び、楽しく学びます。
◎年会費  29年度4月から、一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円です。
◎会員数(1/1現在) 252名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内)
       椎野・岡田
       〒270-2252 松戸市千駄堀671 
      TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2017年06月05日

近隣館情報から:平将門フォーラム 6/17(土)午後、我孫子市民プラザ

 坂東の豪族・平将門たいらのまさかど)についての講演会・
地域からの報告・学術報告の集まりがあります。6/17(土曜)、我孫子市民プラザ、定員180名、
受講料500円、当日先着順。我孫子市・坂東市・取手市・流山市の協力によるフォーラムです。

関東学研究会主催。我孫子市民プラザは我孫子駅北口、徒歩5分、あびこショピング内です。
1、特別講話 13:00~13:30
 「将門伝説を取材して」 三谷和夫氏(我孫子の文化を守る会)
 *配布済のチラシの一部に、村上春樹氏(国文学者)とあるのは変更となってます。
2、地域からの報告 13:30~14:30
 「わが町と将門」 飯島章氏(取手市・埋蔵文化財センター館長)、
  北澤滋氏(流山市・博物館学芸係長)、富山恵一氏(坂東市・将
門研究家/ガイド会会長)、辻史郎氏(我孫子市・生涯学習部主幹)
3、フォーラム{平将門の生産力} 14:40~16:10
 「馬」につぃてー岡田清一氏(東北福祉大学大学院教授)
 「鉄」について―柴田弘武氏(古代史研究家/えみし学会長)
 「布」について―染谷洌氏(関東学研究会代表)
*同会場のギャラリーにて『 浮世絵の中の将門 』企画展も展示中です。
 約50点の国芳・三代国貞らの将門図がみられます。無料。6/17~21。

 お問い合わせ:04-7185-1583 
            我孫子市教育委員会文化スポーツ課
*この情報は、当会の{中世の部会}からの提供です。
*写真1はフォーラムのチラシ(部分)から、写真2は6/18(日)まで開催中の葛飾区水元公園の菖蒲祭り風景、
写真3は市内七福神コースにある徳蔵院(日暮-八柱駅10分、寿老人)、ことしの梅の実風物。