松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する児童体験教室(米づくりなど)への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催しています。いずれもネット・会報で募集・紹介してます。
(1)学習部会に入会して楽しく学びましょう(古文書部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3~4回・徒歩4~5回、会員優先)に参加して、市内外の史跡、遺跡を訪ねます。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)が主催、共催する講演会に参加して、知識を広めましょう。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・8~12ページ)が届きます。会員は学習成果の発表やこだわり趣味を披露することができます。
(5)児童の年間の米づくりや、昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加して、子供たちと楽しく遊び、楽しく学びます。
◎年会費  29年度4月から、一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円です。
◎会員数(1/1現在) 252名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内)
       椎野・岡田
       〒270-2252 松戸市千駄堀671 
      TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2017年11月25日

親子米づくリ体験報告:「竈(かま)でご飯を炊く」と「田起こし」 11/25終わる

  晩秋の風のない土曜、春からの米づくり体験教室は、「竈(かま)で
ご飯を炊く」と来年への「田起(たお)こし」が行われました。
天気に恵まれ、友の会協力員の15人のメンバーが、竈(かま)の準備
や米研ぎを手伝いました。竈(かま)からのご飯も、二回とも、ちゃんと炊
けて美味しく食べることができました。年に一度のことでもあり、ぶっつけ
本番での、むずかしさは何時も痛感してきました。今回は、意外にもすん
なり上手に炊けて、ホッとしています。
●何よりも、子どもたちが普段、経験することがない米研ぎや、焚き木に
火吹き竹で火力を強めること、薪をくべたりする作業に、喜んでもらえた
ことです。しかも、お櫃(ひつ)の効果のあたたかさに、玉子を掛けたご飯
の試食会では4杯の"お替り"もする子がいるほど、よろこんで食べてもら
えたことです。これには、保護者も納得のことだったと思います。
●試食後、来年の米づくりのための「田起こし」には、若い保護者の力もあ
って、30分ほどでアッと言う間に終えることができました。協力員のみなさ
ん、今年1年、ありがとうございました。子どもらは、青木・中山学芸員の指
導のもと、{学習成果のパネル発表}の準備に入りました。来年1月末に報
告会があります。ありがとうございました。
  (米づくり担当:椎野時男、写真:佐藤友保)