松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する児童体験教室(米づくりなど)への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催しています。いずれもネット・会報で募集・紹介してます。
(1)学習部会に入会して楽しく学びましょう(古文書部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3~4回・徒歩4~5回、会員優先)に参加して、市内外の史跡、遺跡を訪ねます。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)が主催、共催する講演会に参加して、知識を広めましょう。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・8~12ページ)が届きます。会員は学習成果の発表やこだわり趣味を披露することができます。
(5)児童の年間の米づくりや、昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加して、子供たちと楽しく遊び、楽しく学びます。
◎年会費  29年度4月から、一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円です。
◎会員数(1/1現在) 252名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内)
       椎野・岡田
       〒270-2252 松戸市千駄堀671 
      TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2017年05月13日

会員からの報告:「木の造形~東北の伝統こけし」展を観覧しました!

部会の勉強会の帰りがけ、博物館で現在行われている「東北こけし」展に入って見ました。
今年の学芸員講演会に、「木地師(きじし)とこけし」があったので、入ってみようと思ったのです。
こけしは土地が変わるとデザインや作り方も大きく変化するのが面白く、興味はあったんですが、展示会となると、図録でも買わないと、系統全部を把握するのは無理かもなー、図録までは買えないなー、と密かに思ってました。
ところが展示会場に至る前廊下に、こけしの紹介と説明がされてる冊子が置いてあり、これが無料で、系統ごとに詳しく記されていたので、とても喜びました!(笑)

特に、東北の各県ごとに描かれた、こけし地図が興味深いです。
青森県の津軽、秋田県の木地山、岩手県の南部、山形県の肘折、山形、蔵王、宮城県の鳴子、作並、遠刈田、弥治郎、福島県の土湯の11エリア。
顔の表情や髪型、体のスタイルや着物デザインは、エリアによりすこぶる多種多様ですが、一見してわからないのは、頭と胴体の接着部分で、胴体についた首を、頭に向かって差し込む物を「差し込み」、頭についてる首を、胴体に差し込む物を「はめ込み」、頭と胴体を分けず、一本の木で繋げた状態で掘られる物を「作りつけ」というそうです。

昔は温泉場に置かれ、遠くから来た客が買う、子供のオモチャのようなものだったのが、明治以後は、大人がオモチャを買うブームがあって、東北にいくとこけしを買う人が増え、どこの家にもこけしがあったんだとか……。
確かに私も、子供の頃から毎日見ていたこけしを、典型的なこけしだと思いこんでましたが、行ったことのない場所のこけしは、「これが同じこけし?!」と驚くぐらい違うイメージで、見比べて飽きないです。

冊子と一緒に、塗り絵用のこけしの絵が色鉛筆も一緒に置いてあり、塗り絵が出来るスペースで、好きな絵に好きな色を塗って、図書コーナーに持っていくと、パウチをしてくれて、しおりを作って貰えるようです。
展示会も無料ですから、何度も出入りできるのがいいですね。

※写真は、喫茶コーナー「アジュール」でガラス窓の外にいたタヌキ(笑)。見学終わって、コーヒーをご一緒した部会の方々と楽しく話してたら、ひょっこり現れたのです!(ビックリしました!)

【Y・K】