松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する児童体験教室(米づくりなど)への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催しています。いずれもネット・会報で募集・紹介してます。
(1)学習部会に入会して楽しく学びましょう(古文書部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3~4回・徒歩4~5回、会員優先)に参加して、市内外の史跡、遺跡を訪ねます。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)が主催、共催する講演会に参加して、知識を広めましょう。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・8~12ページ)が届きます。会員は学習成果の発表やこだわり趣味を披露することができます。
(5)児童の年間の米づくりや、昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加して、子供たちと楽しく遊び、楽しく学びます。
◎年会費  29年度4月から、一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円です。
◎会員数(1/1現在) 252名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内)
       椎野・岡田
       〒270-2252 松戸市千駄堀671 
      TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2017年09月30日

親子米づくり:ことしも脱穀(だっこく)作業お疲れさまでした 9/30終了

 天候の影響で収穫量が例年の半分とは言え、脱穀作業は
お疲れさまでした。人力の足踏みの脱穀機による脱穀作業で
した。9/30土曜の午前中でした。(写真1)
 さらに、とうみ(唐箕-写真2)によるモミ(籾)の選別作業、仕
上げにモミをふるい(篩)にかけて、天日干しの工程には、子供
たちや保護者にとっては、貴重な体験になったと思います。

 興味深々も手伝って、親子ともども最後まで楽しんで作業を
進められました。この日、友の会からの米づくりボランティアの
面々にとっても、笑顔いちばんのひとときとなりました。事前に、
青木学芸員や担当者とで、田んぼに干してあった稲の架せに
は、ブルーシ-トを掛けておきました。前々日の夜、大雨が強
く降ったのです。濡れた稲束にならずにすみました!すべて、
博物館の作業場まで運び込んでおいたのです。

 次回は、精米したお米を使って、{カマ(窯)でご飯を炊いて
食べよう}です。どんなお米になってくるのか楽しみです。たぶん、
汗水流して作ったお米は、美味しいことでしょう。来年の米づくり
のための{田起こし}という}体力勝負もあります。ことし最後の
米づくりです。ご協力ください。11/25(土曜)午前予定です。
 米づくり担当:椎野さん(写真も)