松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する児童体験教室(米づくりなど)への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催しています。いずれもネット・会報で募集・紹介してます。
(1)学習部会に入会して楽しく学びましょう(古文書部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3~4回・徒歩4~5回、会員優先)に参加して、市内外の史跡、遺跡を訪ねます。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)が主催、共催する講演会に参加して、知識を広めましょう。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・8~12ページ)が届きます。会員は学習成果の発表やこだわり趣味を披露することができます。
(5)児童の年間の米づくりや、昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加して、子供たちと楽しく遊び、楽しく学びます。
◎年会費  29年度4月から、一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円です。
◎会員数(1/1現在) 252名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内)
       椎野・岡田
       〒270-2252 松戸市千駄堀671 
      TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2017年05月31日

友の会5月行事終わりました:報告

友の会の5月中の行事が終わりましたので、お知らせします。会報5月号の発行、運営委員
会、館との連絡会の他、次のような行事がありました。御協力ありがとうございました。
●子ども米づくりは5/6(土)に田起こしのあと、5/14(土)には、小雨の降るところ、田植
えを終えました。半月が過ぎたところでは、アオミドロの発生も少なく、順調に稲は生育してま
す。(この項、椎野さんから 写真1も)
●5/18(木)友の会の総会が開かれ、約60名が記念講演会とともに参加しました。5/1現
在の会員は222名。欠席会員には、7月会報と一緒に議事録を送付予定です。記念講演は、
望月幹夫・松戸市立博物館館長による『さきたま古墳群には謎がいっぱい』でした。
●5/11(木)・5/19(金)には、小石川後楽園~徒歩見学会が2回、各30人ほどの参加
で行われました。(5/11付、当ネット参照)
●6部会の月例の定例会も、研修室で開かれました―通常の例会内容を紹介します。5月は
日程、内容に変更がありました。
 古文書部会―第2水曜・13時~。30人。地元大谷口村・名主大熊伊兵衛氏の書き留めた、
江戸時代末期の地方文書『御用留(ごようどめ)』の解読。
 考古の会―第4火曜・18名。午前中は『日本書紀』、午後から熊谷公男著『大王から天皇へ』
を講読したり、DVDの鑑賞も。6/2(金){さきたま古墳群・国宝稲荷山古墳出土鉄剣・忍城址
}バス見学会を企画し、実施します-終了。
 松史会―第1水曜・13時~・30人。『松戸市史(新版)上巻』中世の章の輪読。小金城の高城
氏の登場の項でした。千葉氏の勢力拡張のなかで、系図からみた高城氏の出自、そして、小田
原の北条氏に組みせざるをえなかった争乱時代の松戸の歴史。
 中世の東国講読会―第2金曜・13時~25名。『東国の動乱史2「東国武士団と鎌倉幕府」』。
頼朝が三方面から奥州平泉の藤原氏を攻めるくだりへ。そのルートや派遣の武士団の内容、廃
墟と化した黄金の都の姿を輪読。
 縄文の会―6名。縄文の土器を作って楽しもうの継続。
 はたくさの会―毎月2回、木曜。年度の会員制。活動1年間。随時、機織りのイベントに協力し
てきています。
●5/28(日)学芸員講演会「木地師とこけし」山田尚彦・松戸市立博物館学芸員。開催中の資
料展{木の造形 東北の伝統こけし}(4/25~6/11)に関連しての講演会でした。
 新しい会員を募集しています。お問い合わせ、会報見本希望の方、お待ちしてます。
写真2は、外形は出来上がった新市立病院―9月完成・12月開業予定。写真3は5/28市立
博物館も後援した松戸市音楽祭25周年―森のホール、合唱団・吹奏楽・和太鼓など60団体参加)