松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する児童体験教室(米づくりなど)への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催しています。いずれもネット・会報で募集・紹介してます。
(1)学習部会に入会して楽しく学びましょう(古文書2部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3~4回・徒歩4~5回、会員優先)に参加して、市内外の史跡、遺跡を訪ねます。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)が主催、共催する講演会に参加して、知識を広めましょう。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・8~12ページ)が届きます。会員は学習成果の発表やこだわり趣味を披露することができます。
(5)児童の年間の米づくりや、昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加して、子供たちと楽しく遊び、楽しく学びます。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 240名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野・綿引
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2018年12月26日

運営委員会から:ことし最後の友の会の会議

 毎月1回の友の会の運営委委員会は、12/11(火)午前に実習室で開かれました。委員・協力員など20人の出席でした。主な議題、報告は以下のようなものでした。◍会員数は、239人となり、昨年とほぼ同じ会員数となりました。講演会や近隣自治会、来館者へ、勧誘のチラシ配布が積極的に行われた結果でした。◍11/17の「親子米づくりへのボランティア活動」は、{竈(かまど)でご飯}と、{田起こし}でした。◍11/23(祝)の「モリヒロフェスタへの協力」は、ぱたぱた・からくりびょうぶ・ぶんぶん回しの工作でした。協力会員は昼飯もとれない!人気の一日でした。フエスタ期間の館内入場者は、1,000人をこす盛況だったそうです。◍12/7,13の{岩槻市内へ徒歩見学会}には、2回計50名からの参加でした。見てない場所への見学ができて、よかった!という声でした。◍今後の日程では、1/6(日){浅草七福神めぐり}―募集終了、2/3(日)午後14時~・市民劇場・{江戸落語を楽しむ会・駅前博物館行事}月の家小圓鏡師匠、一般も可。3/14(木)バス見学会{いすみ鉄道で行くチバニアン・大多喜城の時代}会員限定、募集中。3/27(水)徒歩見学会{小江戸情緒あふれる蔵の街"とちぎ"を訪ねる}会員限定、募集中。 次の『友の会会報』は、1/8(火)の月例運営委員会のあと、発送作業がおこなわれます。新年度への{会員切り換えのご案内}もあります。今年最後の運営委員会は昼過ぎに解散。午後からの病院、趣味の会、保育園迎え、館内喫茶{アジュール}でサンドイッチ(\900、コーヒー付き、写真2)、21世紀公園散策(写真3)などへ別れていきました。(G)