松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する児童体験教室(米づくりなど)への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催しています。いずれもネット・会報で募集・紹介してます。
(1)学習部会に入会して楽しく学びましょう(古文書部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3~4回・徒歩4~5回、会員優先)に参加して、市内外の史跡、遺跡を訪ねます。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)が主催、共催する講演会に参加して、知識を広めましょう。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・8~12ページ)が届きます。会員は学習成果の発表やこだわり趣味を披露することができます。
(5)児童の年間の米づくりや、昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加して、子供たちと楽しく遊び、楽しく学びます。
◎年会費  29年度4月から、一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円です。
◎会員数(1/1現在) 252名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内)
       椎野・岡田
       〒270-2252 松戸市千駄堀671 
      TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2017年04月05日

会員からの報告:馬橋駅から21世紀の森~史跡と桜を巡るウォーク~

「友の会」の学習部会「松史会」による史跡&伝承地巡りに参加しました。
4月5日(水)の午前、コースは馬橋駅から21世紀の森と広場まで。松戸市のほぼ中心を西から東へのウォーキングでした。
待ち合わせの馬橋駅から、満開に迫る咲きぶりの桜と澄み切った青空が出迎えてくれて、春爛漫の気分でスタート!

順路は……
馬橋駅→馬橋消防署→おたすけ地蔵→馬橋→栢日庵立砂居宅跡→中根寺→萬満寺・王子神社→(馬橋辨財天厳島神社)→水戸街道道標・(一里塚)→金谷寺・資料展→(長聖寺)・子安神社→21世紀の森と広場(昼食)→市立博物館

エリアは大きく分けると、前半が馬橋、後半が八ヶ崎。
馬橋では松戸の歴史に古くから関わる萬満寺や地名発祥の馬橋など、古き伝統を訪ね歩きました。
八ヶ崎では金谷寺の資料展にて、八ヶ崎が古くは谷津に囲まれ、古代には貝塚も形成された事、低地に海水が寄せて、地形が城跡の代わりをなしていた様子を学習しました。
馬橋消防署では所員の方に、八ヶ崎では金谷寺のご住職様にご案内頂けました(ありがとうございました!)

今回は短時間にちょっと多めに歩くコースで、途中で抜ける人もいましたが、最後に辿り着いた21世紀の森と広場では、桜がだいぶ咲きそろって綺麗でした。悠々とさざ波寄せる水辺を前に、みんなで仲良く持ち寄り弁当を食べられて、幸せな春の一時でした♪
その後の部会は歩き疲れですか、ウトウトしながらの学習となりました(笑)
【Y・K】