松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する児童体験教室(米づくりなど)への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催しています。いずれもネット・会報で募集・紹介してます。
(1)学習部会に入会して楽しく学びましょう(古文書2部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3~4回・徒歩4~5回、会員優先)に参加して、市内外の史跡、遺跡を訪ねます。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)が主催、共催する講演会に参加して、知識を広めましょう。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・8~12ページ)が届きます。会員は学習成果の発表やこだわり趣味を披露することができます。
(5)児童の年間の米づくりや、昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加して、子供たちと楽しく遊び、楽しく学びます。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 232名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野・綿引
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2018年10月28日

新会員オリエンテーション10/27・ガンダーラ展講演会第4弾仏教文化の受容10/28 終了

 当『友の会』による10月末の二つのイベントが終わりました。10/27(土)午後に、今年度の{新入会員のためのオリエンテーション}が博物館会議室で開かれました。昨年度後半の入会者も含めて16人(うち3組の家族会員)の方が参加され、年間行事や学習部会の世話人からの活動紹介がありました。館側からも山田館長補佐のあいさつ、柏木学芸員からの博物館運営のコンセプト、富澤学芸員によるバックヤードの見学、そして、開催中の特別展『ガンダーラ 仏教文化の姿と形』の展示解説を大森・小林学芸員にと協力をいただきました。新会員には流山市、鎌ヶ谷市、柏市などの近隣市からも入会されて、市報が届かない方への周知として、タウン紙・誌の活用も求められることでした。コーヒータイムを入れての自己紹介では、"講演会や館内入会チラシで、『友の会』を知った"ことや"時間の余裕がないので、『友の会』の運営までは当分、できないです!"と発言がありました。10人の先輩会員たちとの対面会話のひとときとなりました。10/28(日)午後、博物館講堂で、ガンダーラ展への講演会第4弾、小林孝秀学芸員による〔仏教文化の受容ー古墳・飛鳥・白鳳〕が開かれました。博物館と友の会共催の講演会ですが、当日先着80名の席は、入場開始10分で満員となり、かなりの方が入場制限でお帰りいただくことになりました。「本来、仏教は偶像を作って崇拝するという宗教ではなかった。仏像が作られるようになってから、信仰の拠点となる寺院に組み込まれ、各地にひろがっていった」、「インド北部の発祥からガンダーラ地域の仏像の誕生は、中国・朝鮮半島を経由してアジアの東端である日本列島へも伝来した。ガンダーラ起源の造形そのもの、同じというのではなく、ちがいもある」と、やや早口ながらも歯切れよく問題提起と画像紹介をすすめられました。「日本列島で受けいれられてきた仏教・寺院の源流はどこか?飛鳥寺の塔の位置や仏の造り、出土の瓦や埋納品が韓国の百済・王興寺との比較例」、「古墳時代の終焉が6世紀末、とくに前方後円墳が築造されなくなったのは、はたして仏教の浸透によるものか?」と、具体的な出土品から疑問点をあげる。東国の松面古墳(木更津市)の宝冠や龍角寺(千葉県栄町)出土の塼仏(せんぶつ)片の意匠・型などの比較ー馬具と仏教意匠との類似は工作者が同じかも?の例。古墳のなかに仏教用具も入っていたりの例では、"教義を知ってというより、先進的な装飾品趣向のせい?"とも。白鳳時代、仏像の置かれたお堂の四面の壁には、型入れで作られた金箔の掛物の尊像や塑像物で飾られていたのかも?。(松尾)