松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する児童体験教室(米づくりなど)への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催しています。いずれもネット・会報で募集・紹介してます。
(1)学習部会に入会して楽しく学びましょう(古文書2部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3~4回・徒歩4~5回、会員優先)に参加して、市内外の史跡、遺跡を訪ねます。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)が主催、共催する講演会に参加して、知識を広めましょう。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・8~12ページ)が届きます。会員は学習成果の発表やこだわり趣味を披露することができます。
(5)児童の年間の米づくりや、昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加して、子供たちと楽しく遊び、楽しく学びます。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 240名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野・綿引
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2019年02月24日

『幕末の水戸藩と松戸』柏木一朗学芸員、講演会満席でした  2/24終了

 あたたかい日差しとなった2/24(日)の午後、博物館講堂では、『幕末の水戸藩と松戸』と題した講演会(友の会共催)がありました。柏木一朗学芸員の2時間の講演でした。定員80人の席は一杯となり、入場できずじまいの方が20人ほどあり、資料だけでご迷惑をおかけしました(写真1)
  幕末モノの関心・人気は高いことです。1853年のペリー来航、58年の日米修好通商条約の無勅許と安政の大獄、1860年の桜田門外の変、いまから160年前の時代。その頃の水戸藩と松戸のリアルなエピソードの描写で、解説はすすめられました。14代将軍の家茂の写真は残されていませんが、埋葬後の頭蓋骨の写真からは"面長、鼻高く、反っ歯だったこと、とくに虫歯だらけだった"と、紹介もありました(写真2)
  同い年生まれの和宮が丙午(ひのえうま)生まれで、当時のヒノエウマ生まれの女性には感謝されたとのこと。「松戸とくに小金宿は、江戸と水戸を往来する街道筋の宿場であり、水戸藩主専用の御殿があったこと、幕末の争乱のなか、二度にわたり小金頓集事件があり、水戸藩士・郷士・農民らが1万人から押し寄せたこともあった」そうです。9代水戸藩主の水戸烈公・徳川斉昭については、藩政改革だけでなく、子女37人の子宝までの事績(レジメ・写真3)など、笑いを交えての紹介。
  小金宿での騒擾の実情、明治以降の11代藩主昭武が1884年に松戸町に水戸家別邸の戸定邸(とじょうてい)を建て、移住してきたきたこと、徳川家・宮家・有力者たちの姻族関係を幅広い紹介もありました。次の博物館での講演会は次週3/3日曜,13時から、『ニュータウンの変遷と地域社会~多摩ニュータウンを事例に』金子淳・桜美林大学准教授、『常盤平団地の生活史』青木俊也学芸員です。12:30~先着50名まで。無料です。お待ちしてます。(松尾)
    *募集です!『まつどを知る会』発足のお知らせ:友の会では、新入会員を中心に新しく、松戸の地形・歴史・文化などを気軽に学ぶ学習部会を6月からスタートさせます。すでに『松史会』がありますが、10年の歴史の厚みがあり、30人をこす大所帯になって受け入れができなくなりました。毎月第1水曜、10時~12時、市立博物館実習室、初回6/5予定、初年度千円、定員20名。詳細☎090-2239-9000綿引(わたびき)まで。