松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する児童体験教室(米づくりなど)への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催しています。いずれもネット・会報で募集・紹介してます。
(1)学習部会に入会して楽しく学びましょう(古文書2部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3~4回・徒歩4~5回、会員優先)に参加して、市内外の史跡、遺跡を訪ねます。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)が主催、共催する講演会に参加して、知識を広めましょう。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・8~12ページ)が届きます。会員は学習成果の発表やこだわり趣味を披露することができます。
(5)児童の年間の米づくりや、昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加して、子供たちと楽しく遊び、楽しく学びます。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 232名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野・綿引
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2018年08月25日

松戸ゆかりの美術展:松戸の写真家・「利根川」など 9/2(日)まで

 松戸の写真の愛好家にとっては、見ておいてほしい写真展です。市内の大橋に健在の及川修次(おいかわ・しゅうじ)氏の『利根川に魅せられて』です。1922年(大正11)、岩手県花巻市生まれの及川氏は、米穀肥料商の次弟として育ち、岩手県の農業協同組合などに勤務したりして、32歳のとき地元で写真館を開業。1969年(昭和44)47歳のとき、松戸市に転居してきたそうです。美容院を営業しながら、利根川の撮影を52歳から78歳までの20年余、撮り続けたそうです。『写真集 利根川新紀行』(国書刊行会・2002年)を80歳で、『大いなるみちびきのもとに 94歳写真家 祈りと感謝の旅』(文芸社、2017年)を刊行されました。{利根川の撮影対象は群馬県みなかみ町の山奥の源流から、千葉県銚子市の河口まで、支流を含む広範囲な流域全体にわたり、風景、人々の暮らし、各地に伝わる伝統行事など、あらゆるものを対象とする、大変な労力を要する仕事だった。及川氏は「金銭的にも、一銭にもならないどころか出費出費で、出る一方でした。しかも夜中に出発し、夜帰ってくる過酷な仕事で、途中で何度もやめようと思いました。でも、途中でやめたら全て無駄になる。そう思うとやめられなかった。今になって使命、天命だったとわかりました。」…}ー田中典子・松戸市教育委員会美術館準備室長の紹介文。松戸市の美術館準備室では、平成2年度から松戸ゆかりの美術に関する調査を続けているそうで、花巻市の「萬(よろず)鉄五郎記念美術館」から及川氏の紹介があったそうです。今回の美術展には、『相模台の記憶ー松戸にあった千葉大学工学部のデザインと美術』として、絵画・彫刻・工芸なども展示している。9/2(日)までです、一般300円(松戸市在住70歳以上無料)。また、講堂でのミュージアムシアターでは8月中『NHKスペシャル ドキュメント太平洋戦争ー責任なき戦場~ビルマ・インパール』(50分、無料)平日13:15、15:15、土日15:15も上映してます。月曜は休館日です。(松尾)