松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する児童体験教室(米づくりなど)への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催しています。いずれもネット・会報で募集・紹介してます。
(1)学習部会に入会して楽しく学びましょう(古文書2部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3~4回・徒歩4~5回、会員優先)に参加して、市内外の史跡、遺跡を訪ねます。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)が主催、共催する講演会に参加して、知識を広めましょう。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・8~12ページ)が届きます。会員は学習成果の発表やこだわり趣味を披露することができます。
(5)児童の年間の米づくりや、昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加して、子供たちと楽しく遊び、楽しく学びます。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 240名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野・綿引
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2018年12月16日

講演会報告:ナマハゲとサンタクロース、共通点はあるとしたら? №305

 12/16(日)、午後から市立博物館講堂では、山田尚彦学芸員による『ナマハゲとサンタクロース』と題した講演会がありました。一般市民20人余、友の会員10数人、計30人余の熱心な聴講生を集めました(写真1)。今年、11月末、ユネスコ(国連教育科学文化機関)は、世界無形文化遺産に「男鹿(おが)のナマハゲ」など8県10行事で構成される『来訪神(らいほうしん)仮面・仮装の神々」を登録しました。2時間の講演の多くが、映像・写真による行事の紹介となりました。男鹿のナマハゲから、佐賀・見島のカセドリ、鹿児島・硫黄島のメンドン、宮古島のパーントゥ、そして現代の"超神ネイガー"(写真2)など、笑いも呼ぶ"奇祭"やひとびとの"渇仰"への紹介でもありました。
   ときには、岡本太郎の『日本再発見―芸術風土記』からの、{ナマハゲの面は、底抜け、ベラボーな魅力、古い民衆芸術のゆがめられない姿だ。アヴァンギャルド芸術というものは、中途半端なモダニズムとはまったく別のものだ}の学術の一節も紹介。
   また、{クリスマス・サンタクロースは、日本ではどのように受容されたか?}ということで、明治以降の新聞記事から、昭和30年代の深夜まで騒ぐクリスマスイブの商戦まで、140点をこす資料一覧を配布されました。明治になっても、しばらくは、キリスト教は制禁であった頃、明治政府の高官は外国帰りのインテリ層としてキリスト教とその習慣を取り入れていったそうです。
   エピソードの紹介の多いなかで、{ナマハゲとヨーロッパの訪問神との共通点≒年の変わり目に人間界を訪問する、仮面仮装のおどろおどろしい姿で登場する、子どもを脅かしたり、ほうびを与えたりする、集落の若者が神々に扮装する}と、まとめられた報告になりました(写真3)。
   友の会共催による学芸員講演会、次回は、『幕末の水戸藩と松戸』講師は柏木一朗学芸員です、2/24(日)13時~3時、講堂、無料、先着80名です。(松尾健二)