松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する児童体験教室(米づくりなど)への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催しています。いずれもネット・会報で募集・紹介してます。
(1)学習部会に入会して楽しく学びましょう(古文書部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3~4回・徒歩4~5回、会員優先)に参加して、市内外の史跡、遺跡を訪ねます。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)が主催、共催する講演会に参加して、知識を広めましょう。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・8~12ページ)が届きます。会員は学習成果の発表やこだわり趣味を披露することができます。
(5)児童の年間の米づくりや、昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加して、子供たちと楽しく遊び、楽しく学びます。
◎年会費  29年度4月から、一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円です。
◎会員数(1/1現在) 252名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内)
       椎野・岡田
       〒270-2252 松戸市千駄堀671 
      TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2017年05月25日

会員からの報告:若葉の川俣間欠泉・奥鬼怒行き報告です

  5月下旬、鬼怒川温泉駅から西の、川俣温泉近くまで出かけました。
駅前からは川俣温泉までは乗合いバスを利用しました。季節は若葉
の時季で緑が心を和ませてくれました。バス本数はあまりありません。
 乗合いバスで曲がりくねった川沿いの狭い道をたどり、一時間かか
って、「間欠泉(かんけつせん)停留所」に到着。停留所からは展望台
があり、足湯がしつらえてあります。
 浸かりながら、間欠泉の噴出(写真1)を眺められるようになってい
ました。谷底を流れる川沿いに噴出口があり、常時、わずかに蒸気が
出ています。約50分ごとに、勢いよく噴出するとかで、運よく20分程度
でみることができました。高さ2、30メートルで、1分ほど噴出しました。
足湯は少し熱めで、30秒以上は続けられませんでした。
 間欠泉バス停から、バスで約16分で「川俣平家塚停留所」です。『栗
山村指定文化財 史跡 川俣愛宕山』の案内板がありました。。もとも
と、愛宕山信仰は京都の愛宕権現を中心とする信仰で、火伏の神境の
神として関東・東北に広く分布している。川俣の愛宕山も山岳信仰の道
場があったらしく、天狗の住み家という伝承が残っている。現在、この山
と周辺には、平家落人伝説の大将塚と呼ばれる墳丘(行人塚?)や、行
屋跡、大日如来、毘沙門天などの石像があり、昔日の山岳信仰の名残
を忍ぶことができる。 平家落人伝説のある大将塚(周辺の写真2)もあ
りました。
 平家塚から10分ほど歩くと、瀬戸合見晴台(写真3)があり、眼下に
川俣ダムが見え、吊り橋がかかっていました。ダム下流には断崖絶壁
が続く、瀬戸峡があるということです。紅葉のころは素晴らしい眺めにな
ることでしょう。 (文・写真 H・M)