松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する児童体験教室(米づくりなど)への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催しています。いずれもネット・会報で募集・紹介してます。
(1)学習部会に入会して楽しく学びましょう(古文書部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3~4回・徒歩4~5回、会員優先)に参加して、市内外の史跡、遺跡を訪ねます。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)が主催、共催する講演会に参加して、知識を広めましょう。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・8~12ページ)が届きます。会員は学習成果の発表やこだわり趣味を披露することができます。
(5)児童の年間の米づくりや、昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加して、子供たちと楽しく遊び、楽しく学びます。
◎年会費  29年度4月から、一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円です。
◎会員数(1/1現在) 252名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内)
       椎野・岡田
       〒270-2252 松戸市千駄堀671 
      TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2017年11月15日

松戸の中世:企画展と3講演会は盛況に終わる―戦国時代の社会/実像/本土寺 〈報告〉

  松戸にかかわる中世の郷土史のイベントが終わりました。
2か月間開催されてきた企画展『本土寺と戦国の社会』は、
11/12(日)終わりました。土、日の多かった40日間でしたが、
4,000人を越す入場者があったそうです。担当の中山文人学
芸員は、おりおりのギャラリートークでは、熱気ある格調で展示
解説をくり返しました。さらに、期間中に開かれた3人の講演会も
いづれも満席(80人定員)の人気で、"戦国時代の松戸"への市
民の関心の高さを見せました。

1、「本土寺の歴史と寺宝」都守基一(つもり・きいち)氏:常円寺
日蓮仏教研究所主任。日蓮聖人の生涯と思想・日蓮宗の展開・
本土寺の草創・中世の本土寺・戦国時代の本土寺を,ていねいに
紹介。700年の歴史をもつ市内の北小金にある本土寺(ほんどじ)
には、日蓮聖人の真蹟・寺宝・古文書があり、大きく飛躍していく
時代背景の解説でした。真蹟や古文書の解説や〈永禄の規約〉が
京都と関東に及ぶ戦国大名たちにからむ説明もありました。
-10/7。*参考:川上順光編著『本土寺物語』(平成17年、本山本土寺)当会貸出可。
2、当会共催の学芸員講演会「戦国時代の本土寺と周辺地域」
中山文人氏:両山(池上の本門寺&鎌倉比企谷の妙本寺)と本土
(鎌倉末期以降)、享徳の乱(戦国の始まり、1454年~1482
年)
、本土寺の戦国時代前半(滅亡の危機からの起死回生)、本
土寺の戦国時代後半(永禄の規約、発端と斡旋は本土寺)など。
-10/22。 *企画展の紹介文は10/6付当ネット欄をご参照。
*講座募集中です:『戦国末期の史料を読むー西原文書の世界』全6回、1/12金・1/26金・
2/9金・2/23金・3/9金・3/23金。18時30分~20時30分。中山文人学芸員。女性セン
ター「ゆうまつど」。30名(抽選)、無料。往復はがき。〒270-2252 千駄堀671 松戸市立
博物館「戦国末係」宛、12月19日必着。
3、「戦国社会の実像ー戦国初期」長塚 孝氏:馬の博物館学芸部
長。中世の東国に関する資料は乏しいのが実情。今回、『千学集
(せんがくしゅう)』・『本土寺過去帳』・『年代記配合抄』から、千葉氏
の変遷、原氏の登場、古河成氏の動向、流山の長崎城説、太田道
灌の築城などを推測・傍証してみる。戦国初期の30年間ほどのこと。
例えば、千葉氏の本拠の移動は、現在の千葉市内の平山(ひらや
ま)→現・流山市の"長崎"(写真・長崎の金乗院から)"→再度、平山→旧佐
 倉へ、が考察できる。 前ヶ崎城や小金城などが、葛飾郡の東=葛
 東(かとう)郡の支配には、 必要だった情勢のことなど。最近、若手の
 研究者たちによって、古文書の発掘・解読から、日本の中世・戦国
 時代の政治情勢は、その実像が明らかになってきているそうです。
  ―11/11。