松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する児童体験教室(米づくりなど)への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催しています。いずれもネット・会報で募集・紹介してます。
(1)学習部会に入会して楽しく学びましょう(古文書部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3~4回・徒歩4~5回、会員優先)に参加して、市内外の史跡、遺跡を訪ねます。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)が主催、共催する講演会に参加して、知識を広めましょう。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・8~12ページ)が届きます。会員は学習成果の発表やこだわり趣味を披露することができます。
(5)児童の年間の米づくりや、昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加して、子供たちと楽しく遊び、楽しく学びます。
◎年会費  29年度4月から、一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円です。
◎会員数(1/1現在) 252名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内)
       椎野・岡田
       〒270-2252 松戸市千駄堀671 
      TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2017年05月08日

5月28日(日)13:00~学芸員講演会①「(仮) 木地師とこけし」講師山田尚彦学芸員のご案内

 松戸市立博物館の講堂で行われます演題「(仮) 木地師とこけし」学芸員講演会①の2回目のご案内になります。今回は講演の聴きどころを、筆者の期待を込めたご案内をさせていただきます。ところで『こけし』を見たことがないとおっしゃる方はいませんですよね。実は、70代前半の筆者には、昨今驚くことが多く、戸惑うこともよくあります。例えば、ダイヤル電話を見たことがなく、したがってダイヤルを回して電話をかけることができない小学校の先生がおられたことを、某博物館の学芸員にお聞きしたときのショックは忘れられません。そんな訳で『こけし』を見たことがない市民の方もおられるのではと心配した次第です。前置きが長くなってしまいましたが、『こけし』は「木地師」が、“きじし"と読みます、製作し、観光地や温泉町のお土産屋さんで売られるていることが多いと思います。『こけし』の素材は「木」で、若い女性を模る姿形が多いかと思います。きわめて単純で素朴な人形だとお感じになると思います。それが故に、製作者である「木地師」の“わざ"と“こころ"をくみ取ることが面白いのではないでしょうか。山田先生は、『こけし』に込められた「木地師」の“愛らしさ"を語ってくれるのではと期待しています。ぜひ、ご来館いただき、山田先生の講演をお聴きいただければと思います。(T・T)