松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する児童体験教室(米づくりなど)への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催しています。いずれもネット・会報で募集・紹介してます。
(1)学習部会に入会して楽しく学びましょう(古文書部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3~4回・徒歩4~5回、会員優先)に参加して、市内外の史跡、遺跡を訪ねます。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)が主催、共催する講演会に参加して、知識を広めましょう。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・8~12ページ)が届きます。会員は学習成果の発表やこだわり趣味を披露することができます。
(5)児童の年間の米づくりや、昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加して、子供たちと楽しく遊び、楽しく学びます。
◎年会費  29年度4月から、一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円です。
◎会員数(1/1現在) 252名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内)
       椎野・岡田
       〒270-2252 松戸市千駄堀671 
      TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2017年08月01日

会員からの報告:塩原温泉・「天皇の間記念公園」へ行く  №215.

 ミニ旅行記です。7月中旬、栃木県北部の塩原温泉に行ってきました。上野駅から
日光線の普通列車で那須塩原駅へ。そこから宿へは、宿の送迎車で、約35分ほど。
柏から那須塩原まで180キロ、東京ー静岡の距離です。
●電車の車内は、冷房で車窓の景色を眺め、のんびりした旅でした。那須塩原駅前
の広場には大きな釡が置かれています。宿から近い「七ツ岩吊り橋」へ行き、橋の袂
から、川沿いの遊歩道に降り、川上を歩いてみました。吊り橋のところの足湯に浸か
って、癒されました。
●塩原温泉街のエリアには、那珂川の支流の箒川が流れ、七カ所の吊り橋が架けら
れています。昔は、簡単な吊り橋で渡るにも足元が怖かったことでしょう。今は頑丈な
立派な吊り橋に整備されています。(写真1)
●二日目は妙雲寺を訪ねました。平安時代の末、壇の浦の戦いに敗れた平家は、全
国に落ちのびました。平重盛の妹の妙雲尼は、ここ塩原に草庵を結んだのが寺の起
こりだそうです。明治の戊辰の役でも、住民の必死の願いにより難をまぬがれ、臨済
宗の禅寺として現在に至っています。5月中旬には、境内の2000株の牡丹が咲き乱
れます。寺の裏には平家塚があります。(写真2)
●西側の山並みを超えた川俣温泉近くには「平家塚」があり、湯西川温泉には「平家
の里」があります。栃木県北部のこの地域には平家の落人が住み着いた箇所が、今ま
での旅行で3か所ありました。京都から逃げ延びてくるには大変だったと推測されます。
●宿の近くには、「天皇の間記念公園」があり、明治・大正・昭和の三代にわたる避暑
地としての建物{塩原御用邸}が移築保存してあります。戦時下には疎開の御殿ともさ
れ、邸内には多くの参考品が展示されています。(写真3)
(会員・H/M、文・写真)