松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する児童体験教室(米づくりなど)への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催しています。いずれもネット・会報で募集・紹介してます。
(1)学習部会に入会して楽しく学びましょう(古文書部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3~4回・徒歩4~5回、会員優先)に参加して、市内外の史跡、遺跡を訪ねます。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)が主催、共催する講演会に参加して、知識を広めましょう。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・8~12ページ)が届きます。会員は学習成果の発表やこだわり趣味を披露することができます。
(5)児童の年間の米づくりや、昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加して、子供たちと楽しく遊び、楽しく学びます。
◎年会費  29年度4月から、一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円です。
◎会員数(1/1現在) 252名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内)
       椎野・岡田
       〒270-2252 松戸市千駄堀671 
      TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2017年03月29日

会員からの報告:京大の「漢籍の遥かな旅路」・県文書館{江戸のアウトローと八州廻り}講演 終了

 3月中に行われました二つの近隣館講演会を報告します。会員T・Cさんからです。
◇「漢籍の遥かな旅路—出版・流通・収蔵の諸相」 京都大学人文科学研究所の東京での"出張講演会"3/18。
  ●{モンゴル時代の書物の道}宮紀子・助教―西夏、それにつづく13・4世紀のいわゆるモンゴル時代の頃のことー。{
         降、砂塵に埋もれて廃墟となっていたが、20世紀にはいって、ロシアのコズロフやイギリスのスタインの探検隊、内蒙古自治
         区の文物考古研究所などが数度に亙って発掘・調査した。その結果、青磁や青花の破片、絵画や版画などの美術品のほか、
         "塩引"と呼ばれる一種の為替手形や"鈔(しょう)"と呼ばれる少額紙幣、政府専売品のひとつである茶葉の包装紙、官庁が
        発給した文書や租税の出納簿、官僚・胥吏・官立学校の子供たちが読んだり書き写したりしたさまざまな中国の古典の残葉が
        大量に出土し、当時の軍事や行政の動き、人々の生活の一端が明らかになりつつある。 }  配布資料から
   ●{明末の宣教師が出版した漢籍とキリシタン版}中砂明徳・教授―
   ●{漢籍購入の旅-朝鮮後期知識人たちの中国旅行記をひもとく}八木毅・教授―
   * "文永・弘安の役の時代を、当時の元・モンゴル側の歴史や実情を知る機会になりましたし、漢字文化の伝播をつぶさに知りました"
◇「江戸時代のアウトローと八州廻り(はっしゅうまわり)~村の治安と江戸幕府」千葉県文書館県史講座3/4。
 児玉憲治・同館嘱託。天保水滸伝で知られる東総の博徒の抗争を例に、江戸時代の農村部の治安について
 解説。地域に根を張るアウトローの{親分を支える財力は—利根川流域の商業・物流の発展、九十九里浜の漁業(鰯漁)の活況、子分
    となる人的資源は—町場・漁村に流入する荒くれ者の日雇、出稼ぎ労働者、遊び人、表の顔と裏の顔-一部は役人と良好な関係を築き、
    裏のネットワークを生かして捜査に協力}。{ 大名・旗本・与力・寺社等それぞれが自領民に対する支配権をもつ。文化2(1805)年6月、
    関東取締役(八州廻り)の活動開始=幕府勘定奉行の配下に新設された捕り物専門の役職。配景—江戸幕府の縦割り行政、関八州の
    錯綜。八州廻りの活動の拡大:アウトローの捕り物+一般百姓の「風俗」是正のための「教諭」 }  配布資料から
   * "笹川繁蔵とか飯岡助五郎といった有名人!からの説明、そして江戸時代の村で起こる治安の実情や幕府の取締りの変化をわかりやすく、面白くお聞きできました"