松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する児童体験教室(米づくりなど)への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催しています。いずれもネット・会報で募集・紹介してます。
(1)学習部会に入会して楽しく学びましょう(古文書2部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3~4回・徒歩4~5回、会員優先)に参加して、市内外の史跡、遺跡を訪ねます。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)が主催、共催する講演会に参加して、知識を広めましょう。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・8~12ページ)が届きます。会員は学習成果の発表やこだわり趣味を披露することができます。
(5)児童の年間の米づくりや、昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加して、子供たちと楽しく遊び、楽しく学びます。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 232名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野・綿引
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2018年08月21日

Bienvenidos!ビエンベニードス!:ドミニカ共和国から視察団、市博へ 8/21

  2020年東京五輪を前に、ドミニカ共和国から競技団体の役員4人が8/21(火)午前中、市立博物館を訪問しました。職員・学芸員の他、友の会(15人)や「松戸手作り甲冑愛好會」のメンバーたちで歓迎しました。同国のソフトボール、バレーボール、テコンドーの競技連盟の方々で、五輪への事前キャンプ地予定の松戸市を視察することでした。東京五輪では、ルーマニアとドミニカ共和国は松戸市が{ホストタウン}に決まっているそうです。
  暑い日差しとなったこの日、一行は玄関に入ったところで、望月館長の歓迎のあいさつや紹介のあと、すぐに、二階の展示場へ移動しました。各展示コーナーごとの説明を各担当学芸員が丹念に行いました。縄文時代の装身具には"材料は何でできているのか?"と質問。松戸宿のジオラマを双眼鏡でつぶさに覗いてみてました。昭和40年代の常盤平団地の実物展示では、横においてあったオートバイ(スズキ)には、"いまでも、(ドミニカでは)使ってる!"と、笑い合ってました。{松戸の20世紀梨発祥}の部屋では、同国に1月、植樹された梨の話がでました。さらに、屋外展示の縄文時代の住居にも行き、頭をぶつけないように出入して、内部をみていただきました。
  しばらくの休憩の後、甲冑愛好会のメンバーによって、女性を含めた4人全員が鎧兜を身に着け、{ドミニカ・サムライ!}へ大変身!。日本人の倍はある身体サイズの客人たちなので、着れる大きさかどうか?心配でした。愛好会メンバーの機転でOKオッケー!!お披露目でホールに出たところでは、ちょうど、博物館見学会の一団と遭遇。思わぬ"大型サムライ"の出現に、ビックリの一幕もありました。全員での記念写真のあと、博物館・友の会(栞)・甲冑愛好会(ミニチュアの兜)かられ記念品が渡されました。
  一向は、次の「森のホール」へ向かいました。昨日は、運動公園の体育館や野球場を見学し、きょうの午後は和名ヶ谷のクリーンセンターへ、さらに市立松戸高校合唱部との交流が予定されていました。(高田・椎野・小野会員から)