松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する児童体験教室(米づくりなど)への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催しています。いずれもネット・会報で募集・紹介してます。
(1)学習部会に入会して楽しく学びましょう(古文書部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3~4回・徒歩4~5回、会員優先)に参加して、市内外の史跡、遺跡を訪ねます。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)が主催、共催する講演会に参加して、知識を広めましょう。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・8~12ページ)が届きます。会員は学習成果の発表やこだわり趣味を披露することができます。
(5)児童の年間の米づくりや、昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加して、子供たちと楽しく遊び、楽しく学びます。
◎年会費  29年度4月から、一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円です。
◎会員数(1/1現在) 252名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内)
       椎野・岡田
       〒270-2252 松戸市千駄堀671 
      TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2017年11月10日

市内5団体:”輝く創年”による{まちづくり報告} 11/8終了

 11/8(水)午前、市民劇場で「まつど生涯学習フォーラム」が開か
れました。{生涯学習(知的財産創造)のまちづくり}というタイトル。
市内の自主団体のうち、当会など5団体がパネルディスカッションに参
加し、最新の高齢化社会の生き甲斐とまちづくりをテーマにしました。
 
① 市内の バリアフリーの状況を調査し、市政に提言してきた「ふるさ
と発見創造講座」のメンバー、生涯大学講座修了生による「まつど生涯
創年の会」、会員1万人を擁してきた「松戸市はつらつクラブ連合会
(老人クラブ)」、六高台の地域を中心にした「地域で楽しく過ごそう会」
などでした。当会からは、岡田啓峙会長がパネラーとして参加し、学習
部会や年間行事などの活動を、資料とともに説明しました。横断的に、
自主活動団体が報告し合う場は、めずらしいことで、内容の説明や抱え
る問題などの発言がありました。約100人の参加でした。
② コーディネーターでもある聖徳大学名誉教授・福留 強氏からは、
1時間の基調講演{支えられる高齢者から支える"輝く創年"へ}がありま
した。志布志市の"焼酎づくりサークル(商品化へ)"、知覧市の側溝に鯉
の泳ぐ街づくり、大船渡市の東京でのさんま祭り、酒々井町のたまり場な
ど、具体例がありました。{まちづくり}への、高齢者の{参加の実践と考え
方}への報告でした。
              ▼            ▼
●生涯学習の講座に参加して、1年たっても"隣になった人の名も知らず"
に終わることがある。しかも、修了したあと、"自分で何かやろう!"という
こともない。人生90歳時代、{生き抜くための力を養う}ための挑戦が必要
だ。健康で生活を豊かにする、つまり、学習して"儲ける"ことも求められる
時代です。農家の方は、一俵をいかに増やすか、と学習≒実益にしていっ
ているのです。年金+5万円収入(この儲けの生み出しこそ学習成果!)。
●生涯学習が言われ出してから30年、いまや、金さえだせば造れる{ハ
ードな街造りから}、ソフトな誰にもやさしいまちづくり}が求めれる時代です。
松戸の街の良さ、魅力を再発見し、創り出していくことが、市民に求められ
ている。各団体の交流により、新しい"風景"を創造していきたいこと。子ど
も、若者との交流、地元の大学・サークルとのつながりを見直していきたい
ことです。―発言の例です。 
 主催は松戸市教育委員会生涯学習推進課。  (記録/写真:松尾)
*写真1は「常盤平のけやき並木」、写真2は「子どもソフト・ドッジ中央大会」、
 写真3は「21世紀広場のフェスタ」―いづれも今年11月の市内風景から。