松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する児童体験教室(米づくりなど)への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催しています。いずれもネット・会報で募集・紹介してます。
(1)学習部会に入会して楽しく学びましょう(古文書部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3~4回・徒歩4~5回、会員優先)に参加して、市内外の史跡、遺跡を訪ねます。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)が主催、共催する講演会に参加して、知識を広めましょう。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・8~12ページ)が届きます。会員は学習成果の発表やこだわり趣味を披露することができます。
(5)児童の年間の米づくりや、昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加して、子供たちと楽しく遊び、楽しく学びます。
◎年会費  29年度4月から、一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円です。
◎会員数(1/1現在) 252名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内)
       椎野・岡田
       〒270-2252 松戸市千駄堀671 
      TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2017年09月20日

はたくさの会:花・コットンボール・綿の楽しみ

 「21世紀の森と広場」の畑で、和綿と茶綿の二種類を
育てています。5月に種を播き、夏の草との戦いをし、
花が咲きました。実(コットンボール)が出来、和綿の実
がはじけました。 茶綿はまだ硬い実のままです。
 花はまだまだ咲いています。綿の花は一日花なので、
咲き終わるとピンク色になります。
 和綿の花は黄色、茶綿の花はオフホワイトです。綿の
色の違いは、品種の違いです。収穫した綿は、種をとり、
綿の繊維をそろえ、糸にして、染め、織ります。
 楽しみです。
*公園内の綿畑の近くでは、{秋の七草・散策クイズ}も
おこなわれています。オミナエシ・フジバカマ・ハギ・クズ
など七草の咲いている姿がみられます。ウォーキングし
ながら、花言葉のクイズもあります。パークセンターで
マップを配布してます。   (はたくさの会)