松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する児童体験教室(米づくりなど)への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催しています。いずれもネット・会報で募集・紹介してます。
(1)学習部会に入会して楽しく学びましょう(古文書2部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3~4回・徒歩4~5回、会員優先)に参加して、市内外の史跡、遺跡を訪ねます。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)が主催、共催する講演会に参加して、知識を広めましょう。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・8~12ページ)が届きます。会員は学習成果の発表やこだわり趣味を披露することができます。
(5)児童の年間の米づくりや、昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加して、子供たちと楽しく遊び、楽しく学びます。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 240名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野・綿引
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2018年12月14日

中世の講読会:五十子陣(関東方)と堀越公方(京都幕府側)の対陣

 「五十子」は「いかつこ」と呼ぶ、現在の埼玉県本庄市の北東部、深谷市の北西部にかけて、利根川の自然堤防上の土地名です。ほぼ、利根川(旧)を軍事境界線として、西側は京都・幕府側、東側は東国(鎌倉)の古河公方側が対陣しました。1460年頃から18年間も両軍の勢力圏で争われた。
   京都足利政権側は関東管領や越後守護の上杉系や広範の国人層が、一方、古河に移った旧鎌倉公方・足利成氏(しげうじ)側には土着の下野(小山氏)・常陸(佐竹氏)・下総(千葉氏)・上総(武田氏)・安房(里見氏)などの守護・守護代が勢力下にあった。
   {応仁・文明の乱は関東の大乱が波及して起きたものであり、戦国時代は、応仁・文明の乱より13年早く、関東から始まった}という、峰岸純夫著『享徳の乱』。いよいよ、東国30年戦争は、中央の細川氏9か国、山名氏8か国の守護国を持つ、有力大名の争乱へと結びついていきますー12/14金、20人の例会から。
   次回は1/18金13:30~実習室、2月は休会です。見学者歓迎です。(F)