松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する児童体験教室(米づくりなど)への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催しています。いずれもネット・会報で募集・紹介してます。
(1)学習部会に入会して楽しく学びましょう(古文書部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3~4回・徒歩4~5回、会員優先)に参加して、市内外の史跡、遺跡を訪ねます。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)が主催、共催する講演会に参加して、知識を広めましょう。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・8~12ページ)が届きます。会員は学習成果の発表やこだわり趣味を披露することができます。
(5)児童の年間の米づくりや、昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加して、子供たちと楽しく遊び、楽しく学びます。
◎年会費  29年度4月から、一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円です。
◎会員数(1/1現在) 252名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内)
       椎野・岡田
       〒270-2252 松戸市千駄堀671 
      TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2017年11月05日

松史会部会11月報告:松戸市域の主要な城館跡を探る №235

11/1(水)定例の勉強会を開きました。約30人の参加。小金城発掘調査資料と根木内城発掘調査資料を読みました。
『松戸市史』(改訂版)729ページからです。輪番担当は前月からのHさん、今月のMさんでした。
『小金城跡』
小金城遺跡の調査
  ○ 小金城跡について、はじめて考古学的な発掘調査が実施されたのは、昭和37年の事である。小金城のほぼ全域に
      わたる測量図も作成され、小金城の実像がはじめて、具体的に把握されるに至った。(写真1は小金城ー大谷口城公園内)
小金城の位置
  ○ 本城址は、現在の北小金駅西側の台地縁に展開しており、低地側から入り込む谷により、三方を囲まれて、大きな島
      状を呈している。独立性の高い地形になっている。
小金城の出土遺物
  ○ 小金城は、15世紀後半から近世初頭まで、城館として使われてきたわけだが、この歴史に見合うように、出土遺物も
      15世紀後半から16世紀全般にわたる。とりわけ根木内城と比べて特徴的なのは、染付の出土量が多い事と、青磁、
   白磁等の輸入陶磁器類が見られる点で、これは、戦国時代末まで高城家の本城であったことに見合う。
  ○ 他に特殊な遺物としては、地鎮の儀礼に用いられたと考えられている、「輪宝」を描いた、墨書土器、牛皮を加工して
      表面に漆を塗布した小札、なども出土している。
  ○ このほか人工的な遺物以外に、食材として利用したと思われる、ハマグリやアサリ、アカニシなどの貝類、鳥魚骨など
      が、「馬屋敷」地区や「本城」地区の調査で出土しており、当時の人々の生活を知る手がかりとなっている。

 『根木内城跡』
根木内城遺跡の調査と根木内城の位置・範囲
  ○ 昭和32年(1957年)測量調査が行われた。従来、根木内城の範囲は、県道以北の部分に限られるものと、考えられ
      ていた。その後、県道の南側で縄文時代の集落跡などが発掘調査され、城外と考えられていた地区から、空堀や地
      下式坑などが多数検出されたことによって、城域の見直しが行われ、現在に至っている。(写真2は根木内城公園入口)
根木内城の出土遺物
  ○ 在地系の土器類、国産陶磁器類、石臼・砥石・板碑等の石製品、刀装具、朱塗りの杯、等。年代を見ると、小金城跡
      と同様に、15世紀から近世初頭までの遺物が見られるが、量的には、15世紀から16世紀中頃までがピークで、他の
     時期は、極めて少ない。
*参考:城郭に興味のある方→『東葛の中世城郭ー千葉県北西部の城・舘・砦跡』 千野原 靖著、崙(ろん)書房 2004刊行。
        次回の勉強会は、12月6日(水)pm1:30~3:30 博物館 実習室です。         (vol.1№4-T.K)