松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する児童体験教室(米づくりなど)への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催しています。いずれもネット・会報で募集・紹介してます。
(1)学習部会に入会して楽しく学びましょう(古文書部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3~4回・徒歩4~5回、会員優先)に参加して、市内外の史跡、遺跡を訪ねます。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)が主催、共催する講演会に参加して、知識を広めましょう。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・8~12ページ)が届きます。会員は学習成果の発表やこだわり趣味を披露することができます。
(5)児童の年間の米づくりや、昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加して、子供たちと楽しく遊び、楽しく学びます。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 232名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野・綿引
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2018年05月09日

最新の会報5月号:{千曲川・小諸城址・海野宿バス見学会6/5}募集中

 『友の会』の会報(103号、5/7付、A4/8ページ)を、8日(水)の
月例運営委員会のあとで、全会員への封筒作業から配送依頼までを
すませました。約20人の出席した。
 運営委員会では、新年度の総会5/25(金)13:00~と「ガンダーラ
の見どころ?望月幹夫・館長」の講演会14:45~の確認をおこなました。
会員の更新状況や市制75周年記念で当会も市制功労者団体として表
彰されたこと(4/20)、市主催の生涯学習課の"創年講座"・成人講座・
自主講座などの活発なカリキュラムへ、当会活動との比較なども話し合
われました。 写真1は同封のチラシ類、2は運営委員会、3は会報とバス見学のチラシです。
 ――今月の『友の会』会報の主な内容――
●『まつどの江戸時代ー古文書・絵画・模型からさぐる』資料展
 4/24~6/24 市立博物館 無料  月曜休館
 講演会➀5/27(日)13:00~15:00 「まつどの江戸時代 歴史資
料のいろいろ」富澤達三学芸員 80人先着 無料。
 講演会➁ 6/3(日)13:00~15:00 「近世・松戸河岸と江戸ー人
と物の交流」和泉清司・高崎経済大学名誉教授 80人。 往復ハガキで
博物館へ 5/15締切 80人 無料。
●4/29(日)「みどりと花のフェスティバル2018」に、{昔の遊び}や{
裂き織り体験}で協力。博物館実習室に500人の子ども・家族が参加。
●エッセイ・最後の職場として、博物館の一年間を振り返って 
  石村栄一・前博物館次長
●報告:「松戸小金地区の寺院を訪ねる」に参加して 竹中由利会員
●エッセイ・ひとこと:常盤平団地の誕生への取材から考えたこと
      青木俊也学芸員
●松史会課外授業:「21世紀の森と広場」4/4⊡「取手地区ミニ歴史散策」
      4/18 金坂十九雄会員
●バス見学会・参加者募集中「信州 北国街道の歴史風景を訪ねる」
   6/5(火)雨天決行 6:50松戸市民劇場前集合
    小諸城址・懐古園→海野宿→信濃国分寺・尼寺→上田城
  18:30 帰着予定。 5000円、 弁当各自持参。5/25締切、当会まで。
*会報を読んでみたい方にはお送りしてます。はがきで友の会まで。