松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する児童体験教室(米づくりなど)への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催しています。いずれもネット・会報で募集・紹介してます。
(1)学習部会に入会して楽しく学びましょう(古文書部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3~4回・徒歩4~5回、会員優先)に参加して、市内外の史跡、遺跡を訪ねます。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)が主催、共催する講演会に参加して、知識を広めましょう。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・8~12ページ)が届きます。会員は学習成果の発表やこだわり趣味を披露することができます。
(5)児童の年間の米づくりや、昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加して、子供たちと楽しく遊び、楽しく学びます。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 232名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野・綿引
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2018年06月14日

会員からの報告:江戸時代の村法/古文書から 金井勝忠会員

 江戸時代の村では、自治運営として自主的に自分たちが守るべきルール≒村掟(むらのおきて)が定められました。村定(むらさだめ)・村議定(むらぎじょう)とも呼ばれる村法(そんぽう)でした。松戸の幸谷村では、『村方取極メ(むらかた・とりきめ)議定書』が{関さんの蔵}からの古文書からみられました。{近年違作(作物の不作)が打ち続き、一同困窮に罷(まか)りあり候、ついては諸事倹約いたし、すべて費(つい)え相立てざるよう致すべし、…』作物の不作が続き、増大する困窮者の対応や倹約の励行などがお上から通達されました。                                                                                         ■さらに{田畑作物などの紛失(盗難)いたし候者これある節は、一同入札(いれふだ・投票)におよび、落札相成(あいなり)候者は、門口(かどぐち)縄張りいたし、その上右の始末の由(りゆう)を記し、立て札致すこと。}作物などの盗難があって犯人が村人と想定される場合、犯人と思われる者を投票で決めるという江戸時代独特のやり方が行われました。冤罪を生む可能性を秘めたものだったようです。幸谷村は領主である旗本たちから遠く、地元警察のない時代なので、殺人などは別として、盗難程度のことは村人たちが自主的に捜査や処罰を行いました。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                             ◎古文書の会・金井勝忠さんからですーなお、{関さんの森「古文書の会」}では、{関さんの蔵通信}として古文書などを中心とした記事を『月刊新松戸』}にて掲載中です。 ▷▷▷ 写真説明 ➀は『村方取極メ議定書』(『月刊新松戸』5月号より抄録)から、➁・③は開催中の資料展『まつどの江戸時代ー古文書・絵画・模型からさぐる』のうち、{江戸時代の松戸の村の領主の説明図}と{迅速測図に見る松戸の村名}(1886年の関東平野の村名のわかる彩色地図}。6/24(日)まで、無料、松戸市立博物館。