松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する児童体験教室(米づくりなど)への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催しています。いずれもネット・会報で募集・紹介してます。
(1)学習部会に入会して楽しく学びましょう(古文書2部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3~4回・徒歩4~5回、会員優先)に参加して、市内外の史跡、遺跡を訪ねます。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)が主催、共催する講演会に参加して、知識を広めましょう。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・8~12ページ)が届きます。会員は学習成果の発表やこだわり趣味を披露することができます。
(5)児童の年間の米づくりや、昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加して、子供たちと楽しく遊び、楽しく学びます。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 240名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野・綿引
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2019年02月10日

2月24日(日)13:00~講演会「幕末の水戸藩と松戸」当館講堂にて、先着80名定員、無料

市民の皆様今日は。今朝は淡い雪化粧をした木々が美しかったですが、すごく寒い朝でした。でも玄関先の雪かきをする事も無く安堵しました。少しよくばりで、きっと「21世紀の森と広場」の雪化粧はさらに美しいのではと思ってしまいました。ところで、24日の日曜日、午後1時から、当館学芸員の柏木一朗先生の講演『幕末の水戸藩と松戸』が予定されています。ぜひ、21世紀の森と広場の散策で日頃の運動不足を解消し、そして学芸員講演会をお聞きいただき、しばしのひとときを歴史の学習で過ごしていただきたいと思います。
江戸から明治へと時代が大きく変わろうとしている折の“水戸藩と松戸"とはどうだったのか聞いてみたくなりますよね。何となく水戸藩と松戸のえにしは深いのかなと思えますが、歴史的事実はどうだったのか、柏木先生が文献史料をひも解いて語ってくれると思います。陸上交通ばかりでなく、河川上の要衝の地でもあった松戸は、大層、人と物資の往来でにぎわった街だったともいまれます。ぜひ、柏木先生のお話を聞きに来てください。博物館、友の会ともども皆様のご来館をお待ち申し上げております。(T)*『まつどを知る会』発足のお知らせ:友の会では、新入会員を中心に新しくまつどの地形・歴史・文化などを、気軽に学ぶ学習部会を6月からスタートさせます。会員募集です!。すでに『松史会』がありますが、10年の歴史の厚味があり、30人を越す大所帯になって受け入れができなくなりました。毎月第1水曜、10時~12時、市立博物館実習室:初回6/5予定、初年度千円、定員20名。詳細☎090-2239-9000綿引(わたびき)まで。