松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する児童体験教室(米づくりなど)への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催しています。いずれもネット・会報で募集・紹介してます。
(1)学習部会に入会して楽しく学びましょう(古文書部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3~4回・徒歩4~5回、会員優先)に参加して、市内外の史跡、遺跡を訪ねます。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)が主催、共催する講演会に参加して、知識を広めましょう。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・8~12ページ)が届きます。会員は学習成果の発表やこだわり趣味を披露することができます。
(5)児童の年間の米づくりや、昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加して、子供たちと楽しく遊び、楽しく学びます。
◎年会費  29年度4月から、一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円です。
◎会員数(1/1現在) 252名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内)
       椎野・岡田
       〒270-2252 松戸市千駄堀671 
      TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2017年05月17日

最新の『友の会会報』:5月号通算97号配布中,会員募集中です

  5月9日(火曜)の午前中、毎月定例の運営委員会が開かれ、14人の運営委員が
出席し、15項目の報告・質疑を行いました。午後からは協力員も加わって、「友の会報
5月号(通算97号)」の発送約300部が行われました。同封資料として、松戸近隣館情
報一覧(交流35館分)、29年度の市立博物館の年間スケジュール、「松戸ミュージアム
24号」(最終号)、「坂東の豪族平将門フォーラム」(6/17(土曜)/、我孫子市民プラザ・
ホール/500円/先着180名)、などのチラシを入れて、配送済みです。
会報の主な内容は―*会員の募集中です。見本の会報をお送りしてます。
●5/18(木)13:00~平成29年度友の会総会と記念講演会 市立博物館講堂
 記念講演会{さきたま古墳群には謎がいっぱい!」望月幹夫氏・松戸市立博物館館長
●館蔵資料展:「木の造形 東北の伝統こけし」 4/25~6/11 無料
●「奥の細道草加松原・草加宿・歴史探訪」3/3 見学会報告 石山滋・会員
●「草加市の歴史と文化財を訪ねる」を企画して  中野正一・会員
●見学会(企画)の舞台裏と企画者からの「大森貝塚・品川宿」について 綿引由紀則・会員
●徒歩見学会南品川にて…思い違いと思い込み  佐藤友保・会員
●ユーモア忘れぬ幕末江戸の風景   増田寛市・会員
●"松平保定氏との出会い!  蒲生祥一郎・会員
バス見学会:ザ大古墳群を訪ねる―さきたま古墳群・国宝稲荷山古墳出土鉄剣・忍城址
 6/2(金)7時松戸市民劇場前集合、5000円(当日)、5/25締切★友の会創立15周年企画
●ひとこと・体力勝負  山田尚彦・学芸員
●予告:7/15~9/10 館蔵資料展「発掘!発見!松戸の古墳時代」
➀講演会:「ヤマタイ国時代の南関東―古墳時代のはじまり頃の東西交流」8/19(土)13時~
 西川修一氏(日本考古学協力員) 無料・往復はがきによる事前申し込み  市立博物館ホームページ参照 
➁講演会:「(仮)松戸の古墳をとらえなおす」小林孝秀学芸員 9/3(日)13時~先着80名 
●{緑と花のフェステイバル4/29}の報告と御礼  椎野時男・事務局会員
●6/19(月)~6/26(月)は燻蒸作業のため、市立博物館は休館です。
写真1は「友の会報」97号、写真2は建設中の新市立病院、写真3は発送準備中の友の会員(5/9)