松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する児童体験教室(米づくりなど)への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催しています。いずれもネット・会報で募集・紹介してます。
(1)学習部会に入会して楽しく学びましょう(古文書部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3~4回・徒歩4~5回、会員優先)に参加して、市内外の史跡、遺跡を訪ねます。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)が主催、共催する講演会に参加して、知識を広めましょう。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・8~12ページ)が届きます。会員は学習成果の発表やこだわり趣味を披露することができます。
(5)児童の年間の米づくりや、昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加して、子供たちと楽しく遊び、楽しく学びます。
◎年会費  29年度4月から、一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円です。
◎会員数(1/1現在) 252名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内)
       椎野・岡田
       〒270-2252 松戸市千駄堀671 
      TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2017年09月16日

親子米づくり:稲刈りを終えました  №225.

 心配していた雨にもならず、いつもより早い時間に稲刈りを
終えることができました。6組の子どもとその親と、友の会から
ボランティア活動グループの15人とが、青木学芸員の指導の
コラボでした。小さな鎌(かま)を手にして、ぬかるむ田んぼに
足元を踏ん張らせながら、さくさくと稲の束を刈り取っては後ろ
へ重ね置きしていきました。いい汗をかき、おおいに楽しんで
いただけました。(写真1)
 しかし、ことしの米の出来具合はどうなのか?となると、例年、
二か所の刈り取った稲を干しておく「はさ掛け」が、一か所で間
に合ってしまいました。米の収穫量が半分という結果には、8月
の日照時間の不足が考えられます。こんな年もあるものだと分
かりました。ことしも{親子で楽しむ米づくり}が目的なので、稲刈
りが済んだことは、将来にも思い出にもなる役割を果たせたこと
です。(写真2)
 次回は、9/30(土)の「脱穀(だっこく)作業」です。博物館の
裏手で行います。   (担当:椎野時男)
 *写真3は完成した新市立病院。内装・備品設置に入り、12月
オープン予定です。1年半、毎月、建設状況の写真を紹介してき
ましたが、今回で終了します。
次回からは「市内スポット:町会掲示板の見える場所」を随時、紹介していきます。