松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する児童体験教室(米づくりなど)への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催しています。いずれもネット・会報で募集・紹介してます。
(1)学習部会に入会して楽しく学びましょう(古文書部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3~4回・徒歩4~5回、会員優先)に参加して、市内外の史跡、遺跡を訪ねます。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)が主催、共催する講演会に参加して、知識を広めましょう。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・8~12ページ)が届きます。会員は学習成果の発表やこだわり趣味を披露することができます。
(5)児童の年間の米づくりや、昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加して、子供たちと楽しく遊び、楽しく学びます。
◎年会費  29年度4月から、一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円です。
◎会員数(1/1現在) 252名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内)
       椎野・岡田
       〒270-2252 松戸市千駄堀671 
      TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2017年07月25日

富士講{清水講と丸広(まるひろ)講}の講演会終了、次回は{松戸の古墳}9/3(土)

 7/23(日)午後に、市立博物館で{民俗学:富士山への信仰ー松戸
の富士講}青木俊也学芸員による、講演会がありました。70人からの
聴講者(市民と会員、ほぼ半々)でした。"地元の身近な紹介なので、
聞いてみたかった"という声でした。  写真➀講演会風景
● 江戸時代後期、江戸を中心に富士山に対する信仰が、急速に広ま
りました。松戸市内にも、根本「金山神社」、松戸「松戸神社」、小山「浅
間(せんげん)神社」、新松戸「稲荷神社」、三日月「三日月神社」、二ツ
木「蘇羽鷹神社」、馬橋「王子神社」、八ヶ崎「子安神社」、岩瀬「子安神
社」などには、富士講の石碑が残っています(多くは大正~昭和前期)。
● 講演では、根本の「清水講」と松戸(松戸神社周辺)の「丸広講」(ま
るひろこう)を、映像とともに紹介がありました。平成3年(1991年)に映像
記録として残された清水講の富士登拝のようすもわかりました。毎月、
世話人(先達含む)のもと、集まりをもって、昭和40年代では、300円とか
千円を積み立て、順次、登拝されたそうです。金山神社の横の御嶽大明
神は常磐線の貨車から富士山岩石が積み下ろされて築造されたそうで、
平成5年の登拝記念碑もみられます。すでに、市内には、富士講としての
活動をしているところはないようですが、情報を集めています。
 写真➁は昭和初期と思われる富士講の方々(松戸神社)。
●学芸員講演会は、友の会の共催で開かれ、先着制80名です。次回は、
  9/3(日)13:00~松戸の古墳をとらえなおす(仮)・小林孝秀
 10/22(日)13:00~本土寺と戦国の社会(仮)・中山文人
*写真③は完成2か月前の新市立病院。