松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する児童体験教室(米づくりなど)への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催しています。いずれもネット・会報で募集・紹介してます。
(1)学習部会に入会して楽しく学びましょう(古文書部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3~4回・徒歩4~5回、会員優先)に参加して、市内外の史跡、遺跡を訪ねます。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)が主催、共催する講演会に参加して、知識を広めましょう。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・8~12ページ)が届きます。会員は学習成果の発表やこだわり趣味を披露することができます。
(5)児童の年間の米づくりや、昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加して、子供たちと楽しく遊び、楽しく学びます。
◎年会費  29年度4月から、一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円です。
◎会員数(1/1現在) 252名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内)
       椎野・岡田
       〒270-2252 松戸市千駄堀671 
      TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2017年03月23日

近隣館情報から:コレクション名品展・並河靖之七宝展・江戸と北京展へ

    春休みに入りました。卒業、進学、就職、退職etc,チョイ息抜きに、近隣館おすすめ展へドーゾ!
コレクション名品展  千葉県立美術館 ルノワール、梅原龍三郎、浅井忠などの洋画や、千代
倉桜舟の全長36mの書「いろは歌」。関主税の日本画、高村光太郎の彫刻など。館所蔵の名品展
です。一般300円、65歳以上無料。☎043-242-8311 千葉みなと駅10分。4/16(日)まで、
月曜休み。
並河靖之 七宝展  東京都庭園美術館  七宝(しっぽう)です。明治時代、輸出用の美術工芸
品として, 人気の七宝。透明な黒の感性の味わい。100年後の今も光を放ち、魅了する植線や釉薬。一般1100円、65歳以上550円。☎03-5777-8600。JR目黒駅7分、4/9(日)まで—本日
以降には休館日はなし。
江戸と北京  江戸東京博物館 18世紀、江戸の人口が100万人を超えた頃、中国の北京も清王朝の首都として最も繁栄していました。両都市の生活・文化を比較してみましょう。故宮博物館か
らの「乾隆八旬  万寿慶典図巻」は必見です!一般1400円、65歳以上700円。☎03-3626-9974.JR両
国駅3分。  4/9(日)まで—本日以降には休館日はなし。
   *奇数月に『友の会会報』が発行され、近隣館情報(約30館)を添付してます。
   *写真1は並河靖之七宝展チラシ(一部)、写真2は江戸北京展のチラシから(一部)、
   写真3は松戸市役所都市計画課で配布中の回廊マップ☎047-366-7372 市のHPでも
公開中。