松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する児童体験教室(米づくりなど)への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催しています。いずれもネット・会報で募集・紹介してます。
(1)学習部会に入会して楽しく学びましょう(古文書2部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3~4回・徒歩4~5回、会員優先)に参加して、市内外の史跡、遺跡を訪ねます。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)が主催、共催する講演会に参加して、知識を広めましょう。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・8~12ページ)が届きます。会員は学習成果の発表やこだわり趣味を披露することができます。
(5)児童の年間の米づくりや、昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加して、子供たちと楽しく遊び、楽しく学びます。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 240名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野・綿引
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2019年02月06日

講演会の報告:松戸では市博の江戸落語、市川では市史歴史編刊行記念、盛況でした 

 2/3(日)午後から、松戸駅前の市民劇場で、『江戸落語を楽しむ会』が開かれました。松戸市立博物館主催の3回目になる{駅前博物館}というイベント。望月館長は、"開館25周年、昨年は記念のガンダーラ展には9,000人の観客がありました。しかし、まだまだ、市民に博物館が、ふれあいの場とはなってないので、駅前まで出ていくようにした!"とあいさつ。
   富澤達三学芸員が『お江戸の落語―徒弟制と落語』の"前座解説"(写真1)。落語の誕生、噺家の誕生、"天保の改革時には江戸市中の寄席は24か所に激減、改革失敗後(1845年頃)は700軒に急増した記録がある"と。さらに、徒弟制度により業界のしきたり、礼儀、話芸の伝承に至っているというミニ講演。このあと、松戸市常盤平出身の月の家小圓鏡師匠による人情噺へ。たっぷりの{大岡政談・あべげんけい}。300人満席のひとときとなりました。
  前日、2/2(土)午後、近隣館・市川生涯学習センターでは、『まつりごとの展開』-市川市史刊行記念講演会が開かれました。『市川市史―歴史編』B5/470p・オールカラー・1,000円(チラシ・写真2)。古代・中世・江戸時代へと、{日本歴史の通史}と{下総・東葛・市川}との内容を最新資料で紹介。講演会は、各章の執筆者を代表して、{市川は古代下総のセンター}吉村武彦氏、{中世市川と「まつりごと」』湯浅治久氏、{江戸近郊としての市川}村田隆三氏が40分づつ図形を投影しながら、解説しました。
  フサの地名はどこからでてきたのか?、ヤマト王権と東国との関係は?、何故、市川に国府が置かれたのか?、頼朝は、どうして下総・国府で長居したのか?、享徳の乱の頃の高城氏の動きは?行徳と江戸との結びつきは?etc.200人の参加者が聞き入ったことでした(写真3、相模台・中央公園)。
   なお、2/24(日)1時から、『幕末の水戸藩と松戸』と題して、松戸市立博物館講堂で、柏木一朗学芸員の講演会が友の会共催であります。無料、当日先着80名です。(近隣館担当・T・M)*新会員募集!『まつどを知る会』発足のお知らせ:友の会では、新入会員を中心に、松戸の歴史・地形・文化などを、気軽に学ぶ新しい学習部会を6月からスタートします。すでに『松史会』がありますが、10年の歴史の厚味と30人を超す大所帯になって、受け入れができなくなりました。毎月第1水曜、10時~12時、市立博物館実習室:初回6/5予定、初年度千円、定員20名。詳細☎ 090-2239-9000綿引(わたびき)まで。