松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する児童体験教室(米づくりなど)への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催しています。いずれもネット・会報で募集・紹介してます。
(1)学習部会に入会して楽しく学びましょう(古文書部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3~4回・徒歩4~5回、会員優先)に参加して、市内外の史跡、遺跡を訪ねます。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)が主催、共催する講演会に参加して、知識を広めましょう。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・8~12ページ)が届きます。会員は学習成果の発表やこだわり趣味を披露することができます。
(5)児童の年間の米づくりや、昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加して、子供たちと楽しく遊び、楽しく学びます。
◎年会費  29年度4月から、一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円です。
◎会員数(1/1現在) 252名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内)
       椎野・岡田
       〒270-2252 松戸市千駄堀671 
      TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2017年09月12日

最新の『友の会会報』発行:次号11月は100号になります!

 隔月に発行している『友の会会報』は、本日9/12(火)に、9月号(99号)を
発行しました。この数日には会員の方に届くでしょう。主な記事は以下の通り
です。今回は、9/23(土)から開催される、企画展のチラシと招待券も同封
してます。『近隣館情報』や市立博物館の行事案内とともにご利用ください。
○企画展「本土寺と戦国の社会」について 9/23(土)~11/12(日)
 市立博物館展示室:鎌倉時代~戦国時代の松戸・本土寺をメインに、日蓮
 聖人ゆかりの品や当時 の職人の姿や能衣装も紹介する。担当学芸員・中山文人
 *10/22(日)13:00~{本土寺と戦国時代}中山学芸員の講演会。先着80名・無料(友の会共催)
○松戸の教育史に名を残した彼岸花の寺・祖光院     会員・溝渕碩治
 *現在、祖光院の彼岸花は三分咲きです、この1週間に盛りでしょう。
○注目!奇数の意(こころ)                    会員・増田寛市
○ひとこと:写真を歴史資料とするには           学芸員・富澤達三
○過去のあの見学会なら行ってみたい(アンケートから)  会員・綿引由紀則
○親子米づくり・かかしを作りました               会員・椎野時男
 からくりおもちゃインストラクターの支援活動            〃
○平成29年度新入会員オリエンテーリング 9/27(水)
○バス見学会:高麗(こま)の里に悠久のロマンを訪ねる・10/6(金)  参加者募集中。
 7世紀中ごろ、朝鮮半島の高句麗は唐・新羅にほろぼされ、その亡命者たちが
現在の飯能市に移住した。1300年になる。巾着田の曼珠沙華も見ながら… 
○徒歩見学会:都内・平将門伝承地&江戸城(皇居東御苑)を訪ねる・11/16(木)
   神田明神→明治大学博物館→(各自昼食)→神保町古書店街→江戸城etc.募集中。
*友の会会報のご希望の方や友の会については、お気軽にお問い合せください(上の欄)。