松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する児童体験教室(米づくりなど)への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催しています。いずれもネット・会報で募集・紹介してます。
(1)学習部会に入会して楽しく学びましょう(古文書2部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3~4回・徒歩4~5回、会員優先)に参加して、市内外の史跡、遺跡を訪ねます。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)が主催、共催する講演会に参加して、知識を広めましょう。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・8~12ページ)が届きます。会員は学習成果の発表やこだわり趣味を披露することができます。
(5)児童の年間の米づくりや、昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加して、子供たちと楽しく遊び、楽しく学びます。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 240名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野・綿引
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2018年12月01日

会員からの報告:養老渓谷~小湊鉄道~いすみ鉄道~鴨川駅へ

 11月下旬、一泊で小湊鉄道といすみ鉄道を経由して、鴨川の宿で一泊してきました。途中、小湊鉄道の養老渓谷駅で下車し、紅葉を鑑賞してきました。小湊鉄道の乗客は日曜日でありながら、それほど多くは乗っていませんでした。
   「粟又の滝」は」、養老渓谷から路線バスで下車、バス停から養老川沿いに降りる狭い坂道を100mほど下がったところにありました。坂沿いの樹木は、紅葉していました(写真1)。「瀬又」の滝の落差は30mで、時期的に水量も少なめで、ややなだらかな川を流れ下っているため、滝の迫力はありませんでした(写真2)。その滝から川沿いに下流に向かって遊歩道が水月寺まで、約2キロ延びていますが、右膝を痛めていたので、滝を見て、すぐ、バス停にもどりました。
   養老渓谷で小湊鉄道に乗車し、終点の上総中野駅に到着。そこから、いすみ鉄道に乗り換え、大原駅に向かいました。 上総中野駅が両鉄道の乗り換え駅になっています。ホームは一本で、同じホームの北側に小湊両鉄道の車両が、南側がいすみ鉄道の車両が停車するようになっていました。相互に乗り入れはされていないようです。
  小湊鉄道は2両編成、いすみ鉄道は1両で走っています。小湊鉄道の車両(写真3)は2両編成、いすみ鉄道の車両は1両で運転されています。いすみ鉄道の車両には、ムーミンの絵がえがかれていました。いすみ鉄道は、一人で運転と車掌を兼ねていました。
   翌日には、鴨川駅から外房線で千葉駅まで乗車し、船橋経由で帰宅しました。車窓から見える山林は、荒れ放題のところが、あちこちに見られました。過疎化、少子化で管理が行き届かない山林が、増えているのかな、と思いました。(平野正敏・会員)  
  追記:友の会では、来年3/14木曜、{いすみ鉄道にも乗り、チバニアン・大多喜城へ}のバス見学会を企画しています。1/8発行の『友の会会報』で詳細・参加者募集をおこないます。会員限定です。5000円・45名。