松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する児童体験教室(米づくりなど)への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催しています。いずれもネット・会報で募集・紹介してます。
(1)学習部会に入会して楽しく学びましょう(古文書2部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3~4回・徒歩4~5回、会員優先)に参加して、市内外の史跡、遺跡を訪ねます。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)が主催、共催する講演会に参加して、知識を広めましょう。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・8~12ページ)が届きます。会員は学習成果の発表やこだわり趣味を披露することができます。
(5)児童の年間の米づくりや、昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加して、子供たちと楽しく遊び、楽しく学びます。
◎年会費 一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円
◎会員数(1/1現在) 232名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内) 椎野・綿引
〒270-2252 松戸市千駄堀671
TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2018年10月12日

こんなことあんなこと、この秋:脱穀終了・松戸まつり甲冑行列・ガンダーラ美術展講演第2弾etc

 市立博物館ではガンダーラ美術の特別展を開催しています。(11/25まで)。関連して、6回の講演会が開かれています。第2弾として、10/7(日)午後、森のホールで『仏像のいないガンダーラ美術』と題して、小泉惠英氏(九州国立博物館)の講演がありました(写真1)。110人余の応募者は、仏像の起源には諸説あることや日輪・仏足跡などで象徴される仏陀への表現について、専門家としての解説を聞き入りました。
   {ガンダーラ美術にはヘレニズムの影響がある}という通念に、{ローマ文化の影響なのだとかインド独自の起源がある!}といった画像入りの諸説には、"目にウロコ"でした。友の会共催で3弾10/14(日)『ガンダーラの仏教寺院跡を訪ねて』、4弾10/28(日)『仏教文化の受容』といった講演も予定されてます。
    10/6(土)には、{親子米づくり体験}の『脱穀作業』に33名の参加。当会メンバー13人が応援。"一番大変な「足踏み脱穀機」に、保護者の若い男性の方々がガンバッテくれたこと、唐箕(とうみ)のハンドル回しには子どもたちが熱心だったこと、助かりました。今年の米の出来は、稲の束数から言えば、去年の倍近くあったが、籾粒の出来はあまりよくなかった"と、椎野担当会員。
   同じ時刻には、松戸駅前での「松戸まつり」が開かれていました(写真2)。国際交流のひとつとして博物館でも一役買った松戸手作り甲冑愛好会も甲冑行列を披露しました。当会のメンバーにも甲冑姿で協力した方がおりました。10/10(水)の当会運営委委員会には20人が出席(写真3)。今年度の会員が昨年数の232人と同数に達した報告もありました。25人の新入会員です。新会員には10/27(土)にオリエンテーションを予定し、案内済みです。
    新しい会報は11/13(火)午後、発送予定です。10/11.19には徒歩見学会「板橋宿」・11/1バス見学会「北茨城・虎塚古墳」、12/7・13徒歩見学会「岩槻」が行われます。当会会員への参加依頼として、11/7(水)「創年市民大学東日本大会ーまつど生涯学習フォーラム」を生涯学習推進課から、11/11(日)講演会「村の百姓と江戸時代」を松戸史談会からまいってます。