松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する児童体験教室(米づくりなど)への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催しています。いずれもネット・会報で募集・紹介してます。
(1)学習部会に入会して楽しく学びましょう(古文書部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3~4回・徒歩4~5回、会員優先)に参加して、市内外の史跡、遺跡を訪ねます。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)が主催、共催する講演会に参加して、知識を広めましょう。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・8~12ページ)が届きます。会員は学習成果の発表やこだわり趣味を披露することができます。
(5)児童の年間の米づくりや、昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加して、子供たちと楽しく遊び、楽しく学びます。
◎年会費  29年度4月から、一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円です。
◎会員数(1/1現在) 252名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内)
       椎野・岡田
       〒270-2252 松戸市千駄堀671 
      TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2017年05月03日

会員からの報告:武蔵御嶽神社と梅岩寺・玉川上水訪問

 少し、時期遅れになりましたが、最近訪れた小旅行の写真と紀行文を紹介します。
●武蔵御嶽(むさしみたけ)神社
  山岳信仰の対象として発展した神社で、昭和27年(1952)に、現在の武蔵御嶽神社に改称
されました。青梅線御嶽駅から、乗合いバスで「ケーブル下」へ。そこからロープウエイに乗り、
御嶽山駅へ。展望広場があり、筑波山と東京スカイツリーが見られます。曇っていて、見えま
せんでしたが!。駅前広場は標高883m、神社のある場所は929mところ。山梨県の富士五湖
に近い標高です。崇神天皇7年(紀元前91年?)の創建とされ、天平8年(736年)に,行基が蔵王
権現を迎えた。 (写真1)
梅岩寺
  JR青梅駅から10分のところにあります。しだれ桜が有名です。訪れた時はすでに半分は、散っ
ていました。駅から徒歩15分のところにある金剛寺のしだれ桜も有名です。機会があったら、来春
にでもお出かけください。
玉川上水と武蔵野新田を行く
  青梅線羽村駅から福生駅まで歩くイベントに参加しました。かたつむりのことを{まいまいず}と
言いますが、「まいまいず井戸」をみました。形態および板碑などの出土からみて、鎌倉時代の創
建と推定される。スリバチ状の中央に直径4.3m、深さ5.9mの掘り井戸がある。地表面での直
径約16m、周壁を二周して井戸に達する。昭和35年町営水道開設に伴い、使用を停止した。 (写真2)
  羽村取水堰は、多摩川からこの堰(せき)で玉川上水に水を取り込んでいる。この堰は固定堰と
投渡堰と呼ばれる珍しい堰でできていて、投渡堰は松丸太や木の枝、砂利などで作られている。
洪水時にこの堰を取り払うことが出来るようになっている。羽村陣屋跡、玉川神社、牛枠(うしわく)
―川倉水制説明板、玉川上水旧跡跡、福生の地名由来碑などを見学しました。
  とくに、牛枠の説明内容は、治水の技術のひとつで、水の勢いを弱め、堤防が壊れるのを防ぐ
「川倉」です。かたちが馬の背中に似ているところから、「川鞍(かわくら)」と名付けられ、のちに
「川倉」と呼ぶようになる。この仕組みには、さまざまな種類がありますが、「牛枠」は堤防に植えた
河畔林を切り出し組立てます。木材だけでは水中で浮き上がるため、水の勢いに負けないよう、
川床の玉石をつめた蛇籠で固定します。堤防を強化する林が同時に治水の材料を提供する、優
れた知恵によるものです。 (写真3)
(友の会会員:H/Mさんから、写真・文)