松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する児童体験教室(米づくりなど)への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催しています。いずれもネット・会報で募集・紹介してます。
(1)学習部会に入会して楽しく学びましょう(古文書部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3~4回・徒歩4~5回、会員優先)に参加して、市内外の史跡、遺跡を訪ねます。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)が主催、共催する講演会に参加して、知識を広めましょう。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・8~12ページ)が届きます。会員は学習成果の発表やこだわり趣味を披露することができます。
(5)児童の年間の米づくりや、昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加して、子供たちと楽しく遊び、楽しく学びます。
◎年会費  29年度4月から、一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円です。
◎会員数(1/1現在) 252名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内)
       椎野・岡田
       〒270-2252 松戸市千駄堀671 
      TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2017年03月20日

板碑(いたび)からみえる地域:松戸の歴史を知る会3月例会 報告

  友の会松史会(まつし・かい)の2・3月例会では、『松戸市史』(改訂版・上巻)中世の章から、
板碑(いたび)の項を、読み進みました。輪番はN・Tさんでした。市内の約10カ所の寺・神社など
を歩いて、現在の状況を調べ、確認の結果を報告されながら、講読をすすめました。約30人余の
部会員が、板碑とは?、発祥・時期?、市内出土場所、板碑のきた道、内容などで意見交換をしま
した。(市史p601~p617です.。写真1
●「中世の人々の信仰を知る手掛かりの一つに、人々が様々な願いをこめて造立した宝篋印塔(
ほうきょう・いんとう)・五輪塔・板碑などの石塔がある。なかでも板碑は中世につくられた石塔の中
で,もっとも数が多く、関東地方だけでも5万基に近い数の板碑が確認されており、日本全体では
その数ははかり知れない。」p601
●「板碑は故人の追善供養や自らの冥福を願うために造立されたもので、13世紀前半に武蔵で
造立がはじまり、13世紀後半から14世紀初めにかけて日本各地でつくられるようになった。各地
で入手することのできる石材を用いていることから、地域ごとに特徴のある板碑がつくられている。」
 p602。写真2:草加市立歴史民俗博物館蔵、弘安6年弥陀一尊板碑。小田原落城の際、先祖が背負って草加地方へ来たとの云われ、弘安6年は蒙古襲来の
 2年後にあたる。
●「松戸市域の板碑はすべて緑泥片岩を用いた武蔵型板碑で、破板を含め231点あり、、そのうち
紀年銘のわかるものは97基である。…弘安年間1278~1287年からで、いち早く板碑造立がはじまった武蔵地域に比べ、約半世紀ほど遅れている。」p605
●次回は4/5(水)13:30~博物館実習室で{小金城時代―戦国時代}に入ります。この日は、新
年度第1回でもあり、"桜を見ながら徒歩見学会"を行います。馬橋駅改札口9:30集合~萬満寺(
まんまんじ)周辺~八ヶ崎桜並木~市立博物館(21世紀公園)で昼食(=持参)を行います。少しで
も雨なら徒歩見学会は中止します。
 当日、会員・見学者の参加を歓迎します。直接、改札口へ、無料。メール先――へ。終了