松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する児童体験教室(米づくりなど)への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催しています。いずれもネット・会報で募集・紹介してます。
(1)学習部会に入会して楽しく学びましょう(古文書部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3~4回・徒歩4~5回、会員優先)に参加して、市内外の史跡、遺跡を訪ねます。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)が主催、共催する講演会に参加して、知識を広めましょう。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・8~12ページ)が届きます。会員は学習成果の発表やこだわり趣味を披露することができます。
(5)児童の年間の米づくりや、昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加して、子供たちと楽しく遊び、楽しく学びます。
◎年会費  29年度4月から、一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円です。
◎会員数(1/1現在) 252名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内)
       椎野・岡田
       〒270-2252 松戸市千駄堀671 
      TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2017年10月25日

会員からの報告:幸谷村と関家の江戸時代ー古文書11/5(日)募集、旧齋藤邸と河原塚古墳見学会は終了

会員からの御案内と報告2件です。
●『殿様が三人いた村』出版記念~江戸時代の幸谷村のくらしと文化~
関さんの森・古文書の会 報告会です。(当日→70名を超す参加者でした)
 11月5日(日)13:30~16:40 開場13時
 松戸市幸谷ふれあいホール(JR新松戸駅東側徒歩3分)
 特別講演:渡辺尚志氏(一橋大学大学院教授)
 演題:「葛飾郡幸谷村と関家の時代」
このほど、渡辺先生は江戸時代の幸谷(こうや)村の暮らしを、地元・
関家の古文書から具体的に描き出されました。江戸時代の村と百姓、
村掟、災害とのたたかい、現代とは違う江戸時代の土地所有など。
崙(ろん)書房・ふるさと文庫、1300円 ☎04-7158-0035扱い
 当日は、他にも幸谷村の五人組帳の掟(当日→報告者は金井さん)
曲渕氏領の年貢・御鹿狩りの負担などの報告もある。60名、先着。資
料代300円(著書購入の方は無料)  ☎ 090-9156-4960 (木下)
● 9月の市立博物館講演会で「松戸の古墳をとらえなおす」があり、{河原
塚古墳1号・4号}の紹介もありました。当日、実際に行ってみよう!と呼びか
け、ついでに、国の有形文化財に登録された{旧齋藤邸の見学と紙漉き体験}
もコースに入れました。10/17(火)午前、東松戸駅前に当会員など30人余
の方々が、小雨のなか、集まりました。(当日→旧齋藤邸にて)
   紙敷遺跡→胡録神社→広龍寺→春日神社から旧齋藤邸へ入りました。
周辺の農村風景の残る雰囲気のなか、茅葺屋根の農家の造りでした。紙漉き
の体験と合わせて、邸内の建築、庭、寄贈された齋藤雄三・トシさんの生前の
業績紹介(お二人とも大学教授)の説明。このあと、河原塚中学内の古墳4号
から裏手の高台を廻って、1号古墳を見学。10メートルの墳丘に上り、円墳を
実感して解散。「ご近所探訪・地域を学ぶ」(村上雄一郎さん)の協力。
● 松戸自主夜間中学校主催の{開講3000回記念公開授業}が、10/17(
火)夜、市民会館で開かれました。約1,000人の参加者でした。講師は前川喜
平さん・前文部科学事務次官。演題は「憲法と教育」でした。前川さんは、昨年末、
議員立法として成立した「教育機会確保法」(略称)には、深く関わってこられた。
 ユネスコ本部に3年間勤務した経験やアメリカ憲法との比較などをおりまぜ、憲法
26条の「学習権の保障」の重要性を語られました。今回の法律は、県・市町村が
就学の機会の責務を負うことが明確になり、不登校や外国人子女などへ、学習の
機会が広がることをめざしています。
(ネット担当・松尾)