松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する児童体験教室(米づくりなど)への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催しています。いずれもネット・会報で募集・紹介してます。
(1)学習部会に入会して楽しく学びましょう(古文書部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3~4回・徒歩4~5回、会員優先)に参加して、市内外の史跡、遺跡を訪ねます。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)が主催、共催する講演会に参加して、知識を広めましょう。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・8~12ページ)が届きます。会員は学習成果の発表やこだわり趣味を披露することができます。
(5)児童の年間の米づくりや、昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加して、子供たちと楽しく遊び、楽しく学びます。
◎年会費  29年度4月から、一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円です。
◎会員数(1/1現在) 252名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内)
       椎野・岡田
       〒270-2252 松戸市千駄堀671 
      TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2017年09月06日

松史会部会9月報告:松戸市内の城館跡を探るー松渡城・根木内城・小金城

 9/6(水)、定例の勉強会を開きました。今回は『松戸市史』654ページ
からです。8月は、夏休みでしたので、7月以来、二か月ぶりの顔合わせで
したが、皆さん、お元気で、勉強意欲、モリモリでした。
 {城館跡にみる松戸ー松戸市域の中世城館}の巻。市内には20カ所の城
館が存在していたようですが、大半は消滅し、当時の様子はわからなくなっ
ています。千葉県の総数(1000を超す?)は、関東地方でも特段に多く、
このことは、中世人の営みが盛んだった、ことを意味します。文献・資料から
は、南北朝の動乱の開始とともに急激に城・城郭の文言が増えるようです。
 松戸市域の代表的な城郭を3か所をとりあげる。
●松渡城(松戸城)―➀戦国時代前半の城館である。トジョウの語源は"外城"
であろう。➁推定地は、戸定歴史館の場所。③〈松戸の渡し〉を眼下に望み、
麓には鎌倉街道下道(のちの水戸街道)が通過する、という交通上の要地、
ここを抑えていた、ことがうかがえる。
●根木内(ねぎうち)城ー➀この城の文献・資料はなく、明らかでない。通説で
は、小金城に移る以前の高城氏の本城であったこと、小金宿の一角にある東
漸寺も創建時は根木内にあり、天文年間に現在地に移転した、とされている。
➁築城は、戦国時代前半と考えてよい。主郭をコの型に取り巻くように五つの
郭を配置、郭間を空堀で仕切り、橋で連結していたようだ。遺物には多数の瀬
戸美濃窯の鉢・皿・椀や、天目茶碗もあり喫茶が行われていたのかもと。
●小金(こがね)城ー➀高城家の本城。戦国大名北条氏に属し、下総で活躍
した。江戸時代初期まで存在した小金城は、市域のみならず、中世東国の歴
史を考える上で、重要な遺跡である。➁築城の年代は明確ではないが、『鎌倉
大草紙』には、15世紀後半に、原家(千葉氏の支族?)が拠点としていたことが
記されている。15世紀後半と考えてよい。③城の構造は、虎口前の土橋には横
矢を懸ける土塁が櫓台状に張り出されている、のが特徴と言ってよい。
●今回はHさんが輪読当番で、小金城(大谷口歴史公園)の発掘調査時の資料
や俯瞰図を提供し、読み始めました。誰もが一度は訪れた場所だけに、"流山電
鉄が本城下に通っているとすると、大乗院の位置は正しいか?"、"三方が川に
はさまれた要害な城というが、坂川とは離れすぎじゃないか?"、"原氏と高城氏
との関係がはっきりしない!"などにぎやかに議論噴出。次回も、小金城発掘調
査資料を読みます。10月4日(水)午後1時半から、博物館実習室です。 (K・T)
*写真は➀、松戸城跡遠望の丘陵、➁根木内城址遠望の丘陵③小金城跡遠望の丘陵いづれも中央の奥の森一帯をさす。