松戸市立博物館友の会

 松戸市立博物館友の会は・・・
 「楽しく学ぼう」をスローガンに、会員相互の交流を深めながら日本と郷土の歴史や文化を学ぶ会です。また、松戸市立博物館が主催する児童体験教室(米づくりなど)への支援活動を行っています。 過去と現在を結び、将来へつなぐ市民による文化・伝統への意欲ある自主活動です。お互いで学び、支え合っていきましょう。
◎年間を通して盛りだくさんの学習会や見学会、講演会を開催しています。いずれもネット・会報で募集・紹介してます。
(1)学習部会に入会して楽しく学びましょう(古文書部会・考古の会・松史会・中世東国講読会・縄文の会・はたくさの会)。
(2)歴史遺蹟・他の博物館などへの見学会(バス年3~4回・徒歩4~5回、会員優先)に参加して、市内外の史跡、遺跡を訪ねます。
(3)博物館(年3~4回)と友の会(7~8回)が主催、共催する講演会に参加して、知識を広めましょう。
(4)友の会会報(年6回、奇数月発行A4・8~12ページ)が届きます。会員は学習成果の発表やこだわり趣味を披露することができます。
(5)児童の年間の米づくりや、昔の道具・生活"体験"教室などの支援活動に参加して、子供たちと楽しく遊び、楽しく学びます。
◎年会費  29年度4月から、一般(個人)会員3千円、準会員(中学生)500円、家族会員4千円、賛助会員1万円です。
◎会員数(1/1現在) 252名

◎問合せ先  友の会事務局(松戸市立博物館内)
       椎野・岡田
       〒270-2252 松戸市千駄堀671 
      TEL 047-384-8181代表 FAX 047-384-8194

2017年03月12日

お江戸の大事件と錦絵:富澤達三学芸員講演会から 終了

 3月12日(日)午後、市立博物館で当会主催の学芸員講演会が開かれました。富澤達三さんの
{お江戸の大事件と錦絵Ⅰ}でした。28年度7人目の学芸員による講演会となりました。会員と市
民の方半々の60人余の集まりでした。(写真1)
●「 江戸の錦絵(にしきえ)=浮世絵版画は、江戸時代を代表する庶民芸術です。歌舞伎役者、美
人・花鳥風月・名所・英雄豪傑などが描かれました。安房国(千葉県鋸南町)に生まれた菱川師宣
(ひしかわ・もろのぶ)は、若いころ江戸に出て狩野派の画風を学び、西鶴(さいかく)の『好色一代
男』江戸版の挿絵を担当してから人気になりました。明暦の大火(1657年)後、『浮世』(うきよ)が
流行言葉になり、再建が進む江戸の町の庶民は娯楽に飢えていた頃だった 」 そうです。
●「 当初は、肉筆だった浮世絵は、版画で複製されだし、絵暦ブームのなかで多色刷り版画=錦
絵を、鈴木晴信が発明した」 そうです。「当初の錦絵は、量産がむつかしく、銭160文(銭1文20円
として約3200円)の高値でした。それが浮世絵師→彫師→摺師(すりし)などに分業化され、量産化
・低価格(銭20文?)・普及することになっていきました」 (「   」部分は、配布資料からです。)
●講演内容は、浮世絵の実際の工程紹介、その後の寛政改革での喜多川歌麿(きたがわ・うたま
ろ)の入牢や、北斎・国芳・広重の作品紹介へとすすみました。後半は、天保改革と歌川国芳の風
刺画の詳細な説明、時事錦絵から「かわら版」の出現までへと、幕末期の取り締まりの実態を踏ま
えながらの{錦絵パートⅠ}でした。"配布の資料や画像もあって、たいへん、わかりやすい"、"くだけ
た説明でわかりいい"と、休憩時の声でした。アンケートでは、"満足できるお話しでした"と、多くの
回答がありました。
写真2は新市立病院の建設状況、写真3は21世紀公園の菜の花いっぱいの現在です。