松戸史談会



松戸には、縄文時代の数多くの遺跡、豪族高城氏の根木内・小金城跡、広大な小金牧、そこで行われた徳川将軍の大規模な鹿狩り。


また、水戸街道沿いの松戸宿・小金宿や古寺名刹、国の需要文化財戸定邸など多くの歴史的遺産があります。

そうした身近な史跡・文化財に触れ、興味・感心を持ち、時代、そして人々の歩みを見つめ、ふるさと松戸の発見にともに取り組みませんか?みなさまのご入会をお待ちしております。

①松戸史談会の主な活動
・会員勉強会の開催
・市民参加の史跡めぐりの開催
・松戸市文化事業への参加
・文化講演会の開催
・松戸市内小中学校の地域学習や史跡・文化財学習の支援
・会誌「松戸史談」の発行

②会費(年間)
・4000円

入会希望の申込み、お問い合わせは下記のメールアドレスにご連絡下さい。のちほどご案内を申し上げます。

info@matsudoshidankai.net


2016年11月06日

松戸史談会「第68回松戸市文化祭」のご案内

「文化講演会と伝統芸能」

日時:平成28年11月6日(日曜日)
   開場12時00分
   開演13時00分
   終了16時00分(予定)
場所:松戸市民劇場
料金:無料

講演会「江戸時代の交通と宿場の実像」
講師:北原 進 氏:品川区立品川歴史館館長

伝統芸能「南京玉すだれと和妻」
出演:増田 俊康 氏:真言宗豊山派円東寺住職

みなさまのご参加をお待ちしております。
是非、足をお運び下さいますようお願い申し上げます。

お問い合わせは下記のメールにご連絡ください。
info@matsudoshidankai.net