松戸シルクスクリーンの会

 シルクスクリーン印刷は,美術作品だけでなく,身のまわりのポスターや看板,日用品にま
で,広く応用されています。その原理は謄写版印刷と同じです。印刷器具の構造が単純なので
,基本的技法を習得しやすいわりには,色彩があざやかなうえに,紙,布,陶器,ガラス,プ
ラスティクスなど,さまざまな素材に印刷できるという特長があります。

 当会は,松戸市主催の成人学校 「シルクスクリーン」 の修了生が発起人となって,1986年1
月に誕生しました。爾来,会員に入れ替りこそあれ,女性センターで勉強会を開き,年賀状そ
の他思い思いの作品をつくってきました。毎年1月には女性センターの玄関ロビーで年賀状展
を開くほか,数年ごとに会員各自の作品を展示する催しもおこなっています。

2013年02月05日

(3)水で洗って「現像」する

露光が終わったスクリーンに水をかけると,オペークで描いた部分(光が通らなかった部分)の感光乳剤が溶けて,そこだけ絵の具が通過するようになる。この「現像」終了後,新聞紙でスクリーンの両面の水を吸い取り,ヘアドライヤの温風で乾かす。