ひこばえ俳句会

摩耶先生のご紹介 :
谷口摩耶 1949年東京都千代田区生まれ。現在「鴻」の編集長。俳人協会会員。同千葉県支部幹事。市川市俳句協会副会長。国際俳句交流協会会員。           
谷口摩耶先生の指導方針:
①基本は忠実に、心は自由に。各自の持ち味を尊重する。    
句会の方法: 
①月2回の句会に各自が5句持参し、古参・新人の区別なく懇切に添削・指導をいただく。       
②句会中は常に笑いが絶えることなく、和やかな雰囲気である。
会員の構成:
①男性7人、女性10人。②年齢30代~80代 ③経験年数初心者から18年まで
創立と句会数: 平成元年2月~平成30年10月末現在609回。
会員募集のご案内:
 初心者も大歓迎です。先ずは見学して下さい。見学は随時受け付けております。
 句会は毎月第一・第三木曜日午後1時~4時矢切公民館です。
 事前に下記にご連絡ください。
 水田征男 電話047-343-8422。携帯080-5688-0711。
 樋口正紀 電話047-362-5770。携帯090-4052-1672。
 横手直人 電話047-369-1685。携帯080-2040-6641。

2013年03月06日

ひこばえ俳句会ののご紹介

 最近の代表句            
谷口 何もかも昨日のやうで金木犀   鈴木  夏風邪や咳も呼吸も母ゆずり  森本 うんち出たとトイレで叫ぶ日焼けの 
   遠ざかるほど日おもての紅葉山      笛の音の静かに聞こゆ秋時雨     燕去る達者になりし口答へ
松田 側室の墓寂として冬すみれ    齋藤  崖被ふ柞の森の星月夜                   
   底紅の紅を零して雨あがる        客人の温もり残る夕月夜    
田中 天高し馬にまかせて草千里    黒沢  新涼のひかりを刻む江戸切子  
   秋うらら手をひかれゆく神楽面      横丁から路地から祭囃子かな     
堀口 合歓の花植えし女将は既に亡く  西山  ラジオより黙祷の声梅を干す     
   晴れて世の此処を先途と蝉時雨      反戦を静かに語りカンナ燃ゆ     
堀口 妹を駅まで送り盆の月      佐藤  飼ひ犬は星となりけり天の川      
   雨音の静かに九月はじまりぬ       秋時雨静かな夜となりにけり          
水田 ざわめきの消えし櫓に盆の月   山村  半鐘の今も吊らるる秋出水
   盆踊り手が笊になり月になり       秋の蝶まだ旺盛な好奇心