ひこばえ俳句会

摩耶先生のご紹介 :
谷口摩耶 1949年東京都千代田区生まれ。現在「鴻」の編集長。俳人協会会員。同千葉県支部幹事。市川市俳句協会副会長。国際俳句交流協会会員。           
谷口摩耶先生の指導方針:
①基本は忠実に、心は自由に。各自の持ち味を尊重する。    
句会の方法: 
①月2回の句会に各自が5句持参し、古参・新人の区別なく懇切に添削・指導をいただく。       
②句会中は常に笑いが絶えることなく、和やかな雰囲気である。
会員の構成:
①男性7人、女性10人。②年齢30代~80代 ③経験年数初心者から18年まで
創立と句会数: 平成元年2月~平成30年10月末現在609回。
会員募集のご案内:
 初心者も大歓迎です。先ずは見学して下さい。見学は随時受け付けております。
 句会は毎月第一・第三木曜日午後1時~4時矢切公民館です。
 事前に下記にご連絡ください。
 水田征男 電話047-343-8422。携帯080-5688-0711。
 樋口正紀 電話047-362-5770。携帯090-4052-1672。
 横手直人 電話047-369-1685。携帯080-2040-6641。

2013年03月04日

ひこばえ俳句会のご紹介

  最近の代表句            
谷口 初鏡つかまり立ちの指のあと    宇田津 合歓咲くや十二違ひの恋女房   西山 眼鏡屋に眠り猫ゐる小春かな
   アマリリス知らない町に手を洗ふ      もう少し話してゐたい囲炉裏端     踏み分けて袂を濡らす花野かな
松田 初茜天の磐戸の開くごとしの    水田  水打ちて宵に間のある神楽坂   小澤 茶が咲いてひとり遊びといふ齢
   桃の枝挿して女の部屋となり        廃校の鉄棒に舞う落花かな       しやぼん玉地球も宙に浮いてをり
田中 あけぼのや衣桁に匂ふ春小袖    鈴木  夕間暮れこでまりの花白々と   佐藤 大人しく薬代りに葱を巻く
   熊の子の相撲まみれ草まみれ        酒蔵の冷たい土間にうす灯り      北へ飛ぶ鳥の啼き声二月尽
堀口 洋上のパラグライダー風光る    齋藤  春愁は山の出湯に流し来し
   船上のベリーダンスやおぼろの夜      走り根の上に廻廊花の寺
堀口 南ウィング出国前のソーダ水    頼永  道なりに行き片蔭の消えにけり
   伊勢海老も鯛も鯨もつるし雛        末の娘のバージンロード養花天
押切 泣き虫のとうとう嫁ぐ鰯雲     黒沢  空つぽの記憶八月十五日
   なわとびの輪の中にゐる赤とんぼ      白神の霧縄文の深眠り