牧馬会

「牧馬会(まきうまかい)」は平成24年度ふるさと発見創造講座の受講生が結成した会です。
周辺の市町村に比べ特に都市化の進んでいる松戸に、むかし牧場があって多数の馬(野馬)が放牧されていたことを知り、その牧はどういうもので、なんのために野馬が放牧されていたのか、そしてその野馬はどこへ消えたのか、という疑問からスタートしました。
会の仲間はただ歴史が好きな人、現地案内の得意な人、聞き取りが上手な人、交渉ことがうまい人、そして馬(競馬?)に詳しい人などなど。

2018年06月13日

散策 上野牧



   南柏10時→豊四季第一緑地(野馬土手跡)・・・稲荷神社→柏第二小学校(捕込跡)→バス→柏駅

 幾分凌ぎやすい天候で散策には好都合! 6月の花、いたる所に青やピンクのあじさいが心を和ませてくれました。
 待望の新メンバー入会にわかりやすい 野馬除土手跡、捕込跡を見てもらうべく一日でした。
 来る11月の自主企画の確認作業(所要時間、休憩場所、順路、バス時刻)をしながら散策。
 恒例ランチとビールで乾杯!でいろんな話が飛び交って、もう一つの楽しみです。

     余談  アジサイ(紫陽花)は土壌の性質や、咲いてから散るまでの間に
          花の色を変えることから「七変化」 「八仙花」などの別名もあります。
          花言葉には代表的なのが「移り気」ですが、
          最近では「家族団欒」という花言葉が広まり、母の日贈り物として、結婚式のブーケなどにも使われるそうです。