地図を片手にぶらり旅

平成25年2月の松戸市公民館成人講座で『地形図から地域の歴史を学ぶ』(藤澤進三先生)を受講、感銘を受けた講座受講者5名が発起人になり当会を立ち上げました。

目的は地図を片手に散策しながら地形・地理など自然環境を学び、地域の歴史や文化を楽しく学ぶ会です。
25年度は10月に「地図に学ぶ地域の歴史」(藤澤進三)として4回開催しました。

座学で予習、松戸のなま街道と内神田・日本橋北を現地踏査、最終はまとめで『水路を利用した江戸の町づくり』を学びました。

今後会員を増強、回数を増やし、参加者と共に学び、市民自主企画講座を開催し『学べる松戸』の魅力作りを進めたいと思っています。

☆メンバー募集中:歴史・地図に興味をお持ちの方は、是非ご一緒に活動しましょう。

2016年06月19日

2016年7月の行事お知らせ

《大森貝塚から旧東海道を品川宿へ》

 日 時 7月8日(金)  JR大森駅北改札口前(東京駅寄り) 9時30分集合
 コース 大森駅~大森貝塚~品川歴史館~鈴ケ森刑場跡~坂本竜馬像~山内容堂の墓~
     海晏寺~品川寺~天妙国寺~品川宿高札~荏原神社~寄木神社~
     品川宿問屋場跡~御殿山下台場跡~利田神社・鯨塚~土蔵相模跡~品川駅

大森貝塚は我が国先史考古学上記念すべき遺跡で、次に訪れる品川歴史館に詳しく解説されています。また、歴史館では東海道第一の宿場として栄えた品川宿を中心にして品川の歴史を学びます。旧東海道に戻って、鈴ヶ森の刑場跡を出発し、立会川周辺の坂本龍馬ゆかりの遺跡を巡ります。南品川に入ると、品川宿の名残を示す町並みになります。江戸時代初期に復興した神社や寺、幕末から明治へと続く遺跡をめぐり、品川の歴史を考えることができます。

 参加費(資料代)  @300+@200(ご近所探訪会員外=ゲスト)
   
□ 小雨実施(延期の場合7月15日(金) 
□ お問合せは080-1152-1427 村上雄一郎まで
 
(写真は旧東海道品川宿)