地図を片手にぶらり旅

平成25年2月の松戸市公民館成人講座で『地形図から地域の歴史を学ぶ』(藤澤進三先生)を受講、感銘を受けた講座受講者5名が発起人になり当会を立ち上げました。

目的は地図を片手に散策しながら地形・地理など自然環境を学び、地域の歴史や文化を楽しく学ぶ会です。
25年度は10月に「地図に学ぶ地域の歴史」(藤澤進三)として4回開催しました。

座学で予習、松戸のなま街道と内神田・日本橋北を現地踏査、最終はまとめで『水路を利用した江戸の町づくり』を学びました。

今後会員を増強、回数を増やし、参加者と共に学び、市民自主企画講座を開催し『学べる松戸』の魅力作りを進めたいと思っています。

☆メンバー募集中:歴史・地図に興味をお持ちの方は、是非ご一緒に活動しましょう。

2016年08月29日

2016年9月の行事お知らせ

《芭蕉ゆかりの地を訪ねて》

 松尾芭蕉は延宝8年(1680)37歳の時門人の杉山杉風(さんぷう)に草庵の提供を受け深川に移り住みました。
元禄7年(1694)51歳で病没するまでここを本拠とし「古池や蛙飛びこむ水の音」等名吟の数々を残し、またここより全国の旅に出て有名な「奥の細道」等の紀行文を著しました。ここ深川で芭蕉ゆかりの芭蕉稲荷神社(芭蕉庵跡)や芭蕉と親交のあった仏頂和尚にかかわる臨川寺、「奥の細道」の出立直前まで住んでいた採荼庵等を訪ねます。

集 合  9月30日(金)  10:00  都営地下鉄(新宿線) 森下駅 A3方面 改札口 
持ち物  弁当、飲み物

コース  森下駅 → ①深川明神宮 → ②芭蕉記念館 → ③芭蕉稲荷神 → ④芭蕉庵史跡展望庭園 → ⑤小名木川
       → ⑥深川稲荷神社 → ⑦臨川寺 → ⑧清澄庭園(昼食)→ ⑨霊巌寺 → ⑩採荼庵跡
       → ⑪芭蕉俳句の散歩道 → ⑫仙台堀川 → ⑬深川猟師町跡 → ⑭紀文稲荷神社
       → ⑮佐久間象山砲術塾跡 → ⑯澁澤倉庫発祥の地 → ⑰伊能忠敬住居跡堂 → ⑱深川東京モダン館
       → 門前仲町

参加費(資料代)  @300+@200(ご近所探訪会員外=ゲスト)
         他に 芭蕉記念館、清澄庭園の入館、入園料

□ 小雨実施
□ お問合せは 080-1152-1427 村上雄一郎まで

       (写真は採荼庵跡)