松戸の地名に親しむ会

松戸をもっと知ろう! 松戸に親しもう!、と松戸の地名を通じて、いろいろなことを調べています。『地名』は文字のなかった時代からあり、昔の人達からのメッセージです。今もあるけど、貴重な埋蔵文化財。今、住んでいる地域の地名を掘り起こしてみると、様々なことが見えてきます。
毎月、原則として第一水曜日を活動日としています。(変更有)
私たちは、2013年度の「ふるさと発見創造講座」で地名について学ぶ班として立ち上げました。
私たちは、松戸に残る地名とそれに関連する事柄について、特に「小字」という地名を気にしつつ、今までの説に拘泥することなく、信頼性のある資料をなるべく取捨選択し、地元の人たちの生の情報を収集して、メンバー手作りの講座を開催してまいりました。

今まで開催した講座と来年度の予定は次の通りです。
2014年度   「小金」「五香六実」
2015年度   「下谷新田」「金ケ作・小金原」
2016年度   「松戸駅周辺の城郭跡と城由来の小字」
                「松戸新田の小字と演習線の跡」
2017年度   「相模台城跡・根本城跡」、「東松戸、紙敷」
2018年度   「上本郷」「河原塚」
2019年度   予定  「八ヶ崎」「来葉・門前・日暮」

2016年11月02日

地名に親しむ会では、2017年度講座の事前調査として根本・竹ケ花地区の散策を行いました。

今回は、松戸駅に集合して根本・竹ケ花地区を散策しました。根本の地名にも関連している「根本山吉祥寺」、それから金山神社と散策し、当地の富士講は「清水講」という由来について、このあたりに領地を持っていた本多田中藩との関連を考察しました。そして、雷電神社を訪問。松戸にも「新四国霊場」がありました。今回は、東京近郊の都市として変化激しい松戸に残る歴史や伝統ある行事、そして地形等の痕跡について訪ね、来年度講座に向けた事前調査を行いました。