平成30年度 生涯学習推進課 家庭教育学級

2018年09月28日

南部小学校学習会(概要)「脳から考える子どものやる気」

1.開催日     7月12日(木)             
2.会 場     南部小学校PTA会議室             
3.学習会名   脳から考える子どものやる気         
4.開催目的   子育てについて学ぶ        
5.講 師     生涯学習推進課職員          
6.参加人数   8人       
7.学習内容
◎「脳から考える子どものやる気」と題し、ファシリテーションを行いました。
①チェックイン…自己紹介                                             
②東北大学加齢医学研究所川島隆太教授の研究に基づく脳科学のお話。              
・目と目を合わせてコミュニケーションをとる重要性を2人1組で親と子になり実践しました。    
・前頭前野(人間らしさを生み出すところ)を強く刺激することが満足感や信頼感を持つことにつながります。愛着も形成されます。親も子育てに自信を持つことができ、育児ストレスも減ります。たとえば一緒に料理をするなど。 
・規則正しい生活が重要。8~10時間の睡眠で海馬が大きくなり、記憶力が上がります。良い睡眠が脳を育てます。
③チェックアウト…感想を一言ずつ。    
8.感 想
・早寝、早起き、朝ごはんの重要性など子育ての基本的なことがよくわかりました。理解しているつもりでもなかなか実践できていない様子の参加者が多いように感じました。             
・インターネットの急速な普及で、親はスマホ子はゲームに夢中になり、コミュニケーションがとれていない家庭が多くなっているような気がします。                              
・もっと多くの保護者にこのお話を聞いて欲しいと思いました。