平成30年度 生涯学習推進課 家庭教育学級

2018年09月14日

上本郷第二小学校学習会(概要)「護身術」

1.開催日     7月27日(金)             
2.会 場     上本郷第二小学校 研修室             
3.学習会名   護身術         
4.開催目的   仲間づくり         
5.講 師     合気道平成塾 平林 純一 氏           
6.参加人数   15人      
7.学習内容
○危険な場面に出会ったら、まず大声で叫びながら逃げること。それでも捕まってしまった時に今回の護身術を使ってみよう。
①手を掴まれた→手を引くのではなく、相手の親指の方向に手を持ち上げる。            
②身近な道具を使って                                                
・カギ、えんぴつ→相手の体の一部分を刺し、刺したままグリグリとねじる。              
・傘(長傘)→相手に向かって傘を開く。剣道のように竹刀を振り下ろすのではなく足をねらう。  
③口をふさがれたら→相手の指を思いっきり噛む。                              
④首を絞められたら→相手の二の腕や体の一部の皮膚を小さくつねる。                
⑤襟を掴まれたら→襟を掴んでいる相手の腕を両手で掴み、同じ方向へねじる。           
○今回は手首などを中心に教えてもらいました。相手の手首など逆関節の技を決めれば、折られたくないので、相手側から転ぶもしくは怯ませることができました。    
 8.感 想
・親子で学ぶことができ、とてもためになりました。                               
・講師がていねいに説明してくれ、その後一人ひとりの実技をチェックして正しいやり方を教えてもらいました。 
・力がない子どもでも大人をあっさり怯ませることができました。                      
・防犯ということで、大声を出すことも大事ですが、今日の実技で一瞬の隙をつくり、逃げることができればより安心です。
・帰宅してからも、子どもの方が実技を覚えており、親子で話が止まりませんでした。         
・来年もやりたいとの声も聞かれ、嬉しかったです。